ChatGPTのプラグインとは?導入方法とおすすめ10選を紹介!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

マーケティングニュース
マーケティングニュース

OpenAIが開発した対話型AIチャットサービス「ChatGPT」は、今や世界中で多くの人に利用されています。

そのChatGPTをさらに便利に使うために注目されているのが、プラグインです。今回はChatGPTプラグインの概要や使い方の解説に加えて、おすすめのプラグインをご紹介します。

本記事で解説する内容は、次の通りです。

  1. ChatGPTプラグインとは?
  2. ChatGPTプラグインで出来ること
  3. ChatGPTプラグインの利用方法
  4. ChatGPTプラグインの おすすめ10選
  5. ChatGPTプラグイン利用時の注意点
  6. ChatGPTプラグインまとめ


20231027092804_l_1
20230917080339_l_1
20231006131707_l_1
previous arrow
next arrow
20231027092804_l_1
20230917080339_l_1
20231006131707_l_1
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

ChatGPTプラグインとは?

ChatGPTプラグインとは、ChatGPTの機能拡張ツールです。ChatGPTプラグインを利用することで、応答機能だけでは実現できなかったさまざまなことが出来るようになります。

ChatGPTプラグインは2023年3月に初めて公開されて、現在では500個以上が利用可能です。

ChatGPTプラグインで出来ること

ChatGPTプラグインでは、次のようなことが可能になります。

  • Webサイトの要約・分析・翻訳
  • リアルタイムな情報へのアクセス
  • 外部サービスとの連携
  • イラスト・動画・グラフなどの生成

Webサイトの要約・分析・翻訳

ChatGPTのチャット機能だけでは、外部サイトへのアクセスはできません。そのため翻訳や要約はチャット画面にテキストで入力する必要があります。

しかしChatGPTプラグインを利用すれば、直接Webサイトへアクセスして要約・分析・翻訳が可能になります。人の手では時間とコストがかかる作業ですが、プラグインを導入すれば効率的に実施できるでしょう。

リアルタイムな情報へのアクセス

現時点でGPT-3.5 は 2022 年 1 月、 GPT-4は2023年4月までのデータまでしか持ち合わせていません。しかしChatGPTプラグインを使えば、株価や最新ニュース、スポーツの試合結果といったリアルタイムな情報が取得できます。

さらに航空機や宿泊施設のリアルタイムな空き状況も確認可能となるため、利用の幅が一気に広がりますよ。

外部サービスとの連携

ChatGPTでできるのは、テキストの生成のみでした。それがプラグインを導入することで、外部サービスと連携してさまざまなアクションの実行が可能となります。

たとえば予約サイトのプラグインを利用すると、フライト情報や宿泊施設などを検索して、予約まで実行可能です。またメールアプリと連携したプラグインであれば、ChatGPTにメール本文を書いてもらって、その内容をそのまま送信できます。

連携できるサービスはプラグインによりますが、手動で実施していたことを自動化することで作業の効率化が可能です。

イラスト・動画・グラフなどの生成

ChatGPTプラグインを導入すると、テキスト以外にもイラストや動画、グラフなどが出力できるようになります。

例えばChatGPTにCSVファイルを読み取らせて、そのデータを元にグラフや表を作成することも可能です。またテキストで指示を出してイラストを生成するものや、動画を作成できるプラグインもあります。

情報を視覚的に表現できるようになるため、プレゼン資料の作成などにも役立つでしょう。

ChatGPTプラグインの利用方法

ChatGPTプラグインを利用する手順は、次の通りです。

  1. 画面の左下に表示されているユーザー名をクリック
  2. 「Settings&Beta」を選択
  3. 「Beta features」の「Plugins」のトグルボタンをクリック

トグルスイッチが緑色だと、プラグインが有効の状態です。プラグインを有効にしたあとの操作は、次の通りです。

  1. 新規チャット画面左上のモード選択で「Plugins」を選択
  2. 「No plugins enabled」をクリック
  3. 「Plugin store」をクリック
  4. 使用したいプラグインを検索して「Install」ボタンをクリック
  5. ホーム画面に戻り、インストールされたプラグインに有効化のチェックマークがついていることを確認する。

これでプラグインが利用できるようになりました。

ChatGPTプラグインのおすすめ10選

ここからは、数あるプラグインのなかから、おすすめのものを厳選してご紹介します。

今回ご紹介するプラグインは、次の10個です。

  1. SEO.app
  2. SEO CORE AI
  3. WebPilot
  4. Video Insights
  5. AI Agents
  6. Prompt Perfect
  7. Now
  8. Pluginpedia
  9. ChatWithPDF
  10. BizToc

SEO.app

SEO対策に特化したプラグインで、指定のキーワードに焦点を当てたコンテンツが生成できます。

また最大で3つのURLを参考にして新しい記事を書く機能もあるため、Google検索上位の記事をもとにSEOに特化した記事作成が可能となります。さらに、既存記事のSEO最適化したリライトも可能です。

SEO CORE AI

SEOの分析とコンテンツ評価ができるプラグインで、特定URLのSEOパフォーマンスを評価して改善案を提供してくれます。

ページタイトル、メタディスクリプション、コンテンツ、画像、リンク、ページ速度などの項目に分けて分析するため、ピンポイントで自社のコンテンツが改善できるでしょう。

WebPilot

指定したWebサイトを訪問して、内容を取得するプラグインです。Webサイトだけでなく、URLが指定できればPDFやテキストファイルなども読み取りが可能です。

指定したWebページについて質問すると、そのページの内容に基づいた回答もしてくれるため、ビジネスにおけるリサーチや市場調査において役に立つでしょう。

Video Insights

YouTubeの動画を分析して、必要な情報をまとめてくれるプラグインです。

YouTubeには有益な動画がさまざまアップされていますが、ひとつひとつを確認して情報を得るのには時間がかかります。しかしこのプラグインを利用すれば数秒で情報をテキスト化してくれるため、短時間で多くの情報を収集可能です。

AI Agents

複数のAIエージェントが協力して、特定の目標をより効率的に達成するためのツールを提供するプラグインです。

最終的なゴールをユーザーが具体的に設定すれば、タスクのリストアップから実行まで効率的に実施できます。さらにスプレッドシートやドキュメントの作成も可能なので、上手に活用すればタスクの実行コストを大幅に下げられるでしょう。

Prompt Perfect

ユーザーのプロンプトを、より明確で具体的な形に改善・再構成してくれるプラグインです。

ChatGPTを利用していると、意図しない回答が返ってきてしまうことも少なくありません。そんなときにこのプラグインを利用してチャットにプロンプトを入力すれば、より具体的かつ明確な回答が得られます。

これによってChatGPTの文章生成能力を最大限に引き出せます。

Now

最新のトレンドや話題を把握するためのプラグインです。世界中のGoogleのトレンドと、日本のX(旧Twitter)の話題を手軽にチェックできます。

地域や言語を設定すれば、特定の地域・言語において何がトレンドになっているかが把握可能です。最新のトレンドを随時確認することで、新たな市場の開拓に役立てられるでしょう。

Pluginpedia

目的に応じたプラグインを探し出してくれるプラグインです。数あるプラグインのなかから必要なものを探すのは一苦労ですが、これを使用すれば自分の興味や必要に応じた最適なプラグインを見つけられます。

ユーザーが選択したプラグインを使用して特定の問題を解決できるようにサポートしてくれる機能もあるため、より効率的にタスクが達成できるでしょう。

ChatWithPDF

PDFから情報を抽出してくれるプラグインです。公開されているPDFのURLを入力するだけで、そのPDFから関連する情報を取得できます。

例えば特定のキーワードやフレーズがPDFに含まれているかどうかを確認したり、PDFの特定のページの内容を要約してもらったりすることも可能です。

BizToc

特定のキーワードを含む最新のビジネスニュースを検索して提供するプラグインです。「○○のニュースを教えて」と質問するだけで、キーワードに関連するニュースタイトルや要約を表示してくれます。

知りたい情報に即座にアクセスできるため、情報収集の時間が一気に短縮できるでしょう。

ChatGPTプラグイン利用時の注意点

ChatGPTプラグインを利用する際には、いくつか注意点があります。利用を検討する前に、必ず次の点を確認しておきましょう。

ChatGPT Plusでないと使えない

ChatGPTプラグインは、有料版のChatGPT Plusでなければ使用できません。ChatGPT Plusは月額20ドル(約3,000円)となり、現時点で決済方法はクレジットカードのみです。

ChatGPT Plusに加入すればGPT-4が利用となります。無料版のGPT-3.5と比べて生成可能な文字数は約10倍となり回答精度も高くなるため、利用の幅が一気に広がりますよ。

同時に使えるのは3種類まで

ChatGPTプラグインには、同時使用できる数に制限があります。ChatGPTのパフォーマンスを維持し、ユーザーがプラグインを正しく管理できるようにという理由から、3つまでしか同時使用ができません。

インストール自体に制限はありませんが、同時に使用するプラグインの組み合わせはよく考えるようにしましょう。

履歴オフの設定だと使えない

ChatGPTでは、チャットの履歴をオフにしてAIに学習されないように設定できます。しかしAIに学習されない設定にしていた場合、プラグインを使うことができません。プラグインを使うときには、デフォルトの設定(履歴をオン)にする必要があります。

品質が保証されていない

インストール可能なプラグインは、OpenAIとは無関係の企業や個人などが開発しているものが大半です。なかにはOpenAIが提供しているプラグインもありますが、品質や安全性が保証されていないものが多いことも理解しておかなければなりません。

場合によっては突然使用できなくなったり、正しく機能しなかったりする可能性もあります。さらに悪意を持った開発者が提供しているプラグインだと、個人情報などが収集されてしまう危険性もあるため、安易にインストールせずに安全性を確認するようにしましょう。

ChatGPTプラグインまとめ

ChatGPTのプラグインは、もともとはテキスト出力だけだったChatGPTの可能性を一気に広げてくれます。上手く活用すればChatGPTを自分好みにカスタマイズできて、タスクの効率化にもつながるでしょう。

ChatGPT Plusに加入している方は、ぜひ一度プラグインをチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました