マーケティングPartners | マーケティング会社・サービスの比較・お問合せ・資料請求

無料相談03-5312-6833

マーケティングのサプリ

マーケティング担当者の情報補給に。

目次

  1. タイトル

    1. 見出し

  2. DSPとは?DSPの誕生背景と役割

    1. DSPの前にまず、「アドネットワーク」を知る

    2. アドネットワークのメリットとデメリット

    3. DSPは何ができるのか?DSPの果たす役割を理解する

  3. DSPは何ができるのか

    1. DSPの仕組みとは?

    2. DSPの特徴は?

    3. DSPのメリット、デメリット

  4. 終わりに

  5. マーケティングオートメーション(MA) とは

    1. マーケティングオートメーション(MA)とは、コスト削減と売上アップを両立するツール

    2. マーケティングオートメーション(MA)の特徴とは

    3. マーケティングオートメーション(MA)を導入するメリット

    4. マーケティングオートメーション(MA)を導入する手順

  6. MA導入の成功ポイントは、運用の目的をはっきりさせること

  7. 動画マーケティングとは、どのような施策か?

    1. 動画マーケティングとは?

    2. 動画マーケティングの強みを紹介

  8. 動画マーケティングが注目される理由

  9. まとめ

  10. アイチケット診療所待合室サイネージ(企業名:アイチケット株式会社)

  11. チャットボットとは?

    1. チャットボットのメリット

  12. データフィード広告とは?

    1. データフィード広告のメリット

  13. データフィード広告の具体的な活用方法について

    1. データフィード広告のシステムは外部に委託する方が良い?

    2. 自社の利益を上げるためにはデータフィード広告の活用が必須!

  14. SNSマーケティングにおけるTwitter広告

    1. Twitter広告とは?その魅力について

    2. Twitter広告の種類

    3. Twitter広告の活用方法

  15. 終わりに

  16. 成果につながるUI/UXデザイン

    1. ユーザーの第一印象がきまる!そもそもUI/UXとは?

  17. 効果的なUIとはどんなものか。UIデザインで重要なポイント

  18. UIを改善するだけでは足りない?収益性の高いUXデザインをつくるには

  19. UI/UXデザインを改善することで、より効率的なマーケティングができる

タイトル

段落下文章

見出し

見出しコメント

DSPとは?DSPの誕生背景と役割

DSP(Demand-Side Platform)とは、広告主=「広告出稿者」が、広告出稿の費用対効果を高めるためのプラットフォームのことです。

アドネットワークが誕生したことで、広告主は複数の広告(=WEBサイトやソーシャルメディア、ブログなどの媒体)に対して、個別に広告掲載の契約手続きをとらなくても、まとめて広告の配信が取れるようになりました。しかし、それでも広告運用を全て手動で行うことはかなり大変です。DSPは、この運用の手間を減らすことができます。それでは、ここからDSPについて詳しくご紹介しましょう。

DSPの前にまず、「アドネットワーク」を知る

DSPを語る上で、アドネットワークの存在は欠かせませんので、まずは、アドネットワークについてご説明します。

アドネットワークとは、複数の広告媒体であるWEBサイトを集めて作られた広告配信用の「ネットワーク」のことを指します。ここに広告出稿の手続きを行うことで1度に複数の広告媒体に広告掲載を行うことが可能となり、複数の媒体に広告配信を行いたい広告主にとっては、アドネットワークを活用することで1つ1つの媒体に広告出稿の手続きをする手間を省くことができます。利用の際の手続きというのは、主にアドネットワークに対し、広告原稿を入稿し、入札を行うことで、そのネットワークに加盟している媒体にまとめて配信することが可能となる仕組みです。

現在、このアドネットワークはGoogle、Yahoo!、Microsoft、楽天など様々な企業が運営を行っています。

ちなみに、アドネットワークが誕生する以前のインターネット広告が始まったばかりの2000年頃には、複数の媒体に広告を掲載したい場合、広告主は1つ1つの媒体に出稿依頼を行わなくてはなりませんでした。これは、媒体ごとに広告費の支払い形態や入稿規定が異なり、更には自社にあった広告媒体を自ら探さなくてはならなかったため、大変な時間と手間を要するものでした。

アドネットワークのメリットとデメリット

アドネットワークが誕生したことで、広告主、媒体側の様々な課題が解決されていますので紹介します。

広告主は、複数の媒体に対し、”一箇所”へ原稿入稿と入札をするだけで広告が配信可能となり、大規模な配信が可能となりました。また、これまでは「打ち出した広告がどれほど効果を上げたのか」を表した数値=KPI (インプレッション、クリック数、CV、CVRなど)を計測する事ができず、配信した広告の効果を元に改善策を打ち立てることも難しい状態でしたが、アドネットワークがまとめて複数の媒体の広告効果の測定を行ってくれるようになり、広告主は計測データを得ることができるようになりました。

媒体側にもメリットがありますので、次に媒体側のメリットについて紹介します。
今までは媒体側へ広告掲載の依頼があると、媒体側は受注の手続きから掲載、運用までを全て行っていましたが、アドネットワークがそれらを一括で代行するようになったことで媒体側も手間が省けるようになりました。さらに、中小規模のサイトでもアドネットワークに加盟することでクライアント(=広告主)を獲得でき、また一つの広告枠に複数の広告掲載を行えるようになったため、広告枠に空きが出て収益が発生しない期間が生まれる心配も減りました。

しかし、広告の大量配信が可能となった一方で、評価の悪いサイトや自社が守りたいイメージとかけ離れた印象のサイトにも広告が自動的に掲載されてしまい、ブランディングの観点で悪影響となる恐れも生まれました。同時に、自社のターゲットが全くいない関連性の薄いサイトにも広告が掲載されるなど、広告配信の「無駄」も多くなってしまいました。

ここまでのアドネットワークのメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

○メリット
【広告主側】
・入稿、入札をするだけで複数の媒体に一度に広告を出稿できるため、
  個別に媒体と契約する場合と比べ手間が省ける。
・多数のWEBサイトを媒体とするため、多くのトラフィックを獲得することができる。

【媒体側】
・アドネットワークを運営する事業者が広告の受注や掲載の手続きを代行してくれるため、手間が省ける。 

○デメリット
・広告主側が、殆どの場合掲載媒体を選ぶことができなかったため、
 ブランディングの観点から広告掲載を避けたいサイトにも広告が載る事態が起きる。
・ターゲットがいない媒体に広告が掲載されてしまう恐れがあり、
 広告の「無駄」が発生する。

このような背景がDSP誕生に影響しているのです。

DSPは何ができるのか?DSPの果たす役割を理解する

ここまで、アドネットワークの誕生によって複数媒体への広告配信が一括で行えるよう便利になったこと、また、その一方で大量配信と引き換えにターゲットを絞った的確な広告配信ができなくなったことなどをご説明してきましたが、その中で、DSPはどんな役割を果たしているのでしょうか。

それは、アドネットワークだけでは不足していた『適切なターゲットに広配信をすること』にあるのです。
DSPは、アドネットワークだけで大量配信を行った際に発生する、「広告の無駄」を無くし、広告出稿の費用対効果を高めます。

では、DSPは何ができるのか。その具体的な仕組みはどうなっているのか。

次の章でご紹介していきます。

DSPは何ができるのか

DSPは、複数あるアドネットワークやアドエクスチェンジ、SSPなどに広告配信を可能とします。つまり、運用コストを下げて、より効率的に広告配信ができるようにするための入り口となるのがDSPです。

イメージとしては、DSPというプラットフォームを通して、アドネットワーク、アドエクスチェンジ、SSPといった、より広告配信の工数を減らす・効果を最大化するツールを活用することができる、といった構図になります。
 
また、広告配信はこれまで枠を購入して、『枠単位で配信を行う』ものでしたが、DSPはターゲットでの配信設定が可能なため、『人単位で配信を行う』ことを可能にしました。これにより、例えば、性別、年齢、趣向などの属性で明確なターゲット設定を行っている場合、それらのユーザーに的確に広告配信を行うことができるため無駄な配信をせずに高い効果を見込むことができます。

このように便利なDSPは、ターゲットの設定を行えば、あとは自動的に最適な広告配信を行ってくれます。広告主の手間を減らすことができ、高い効果が見込める広告配信プラットフォーム。それがDSPです。

DSPの仕組みとは?

では、なぜDSPはターゲットを絞った効率的な広告配信ができるのでしょうか?
DSP会社は、主に2通りの手法で得た情報から、ユーザーにセグメントを掛けています。
 
1. アンケートなどユーザーから直接得た属性情報
2. Cookieから得る、ユーザーのサイト閲覧履歴などの情報

このうち、2に関してはユーザーがどのようなサイトを訪れる傾向にあるのかというCookieから得られる情報を元に、そのユーザーの属性情報を推察して蓄積したデータの為、1よりは精度の低い情報になります。

この蓄積されたユーザーの属性情報や蓄積手法などは、DSP会社によって異なるため、DSP導入を検討する場合は選考基準として考えておくとよいでしょう。

DSPの特徴は?

前述のとおり、DSPは設定したターゲットユーザーに対し、自動でピンポイントに広告配信を行えるという点が特徴です。具体的には以下のようなことが可能です。

・ターゲットを絞った、無駄の少ない配信が可能
・複数のターゲティングで広告効果の増大を見込みたいという場合に有効
・DMP(※3)と連携することで、さらに詳細なターゲティングが行える


一点注意したいのが、DSPは同じターゲティングを行っていても、DSP会社によって得られる効果が違うという点です。
これは、そのDSP会社によって保有しているアドネットワークや媒体、アルゴリズムなどが違うために起こります。
 
※3 DMP (=Data Management Platform)・・・インターネット上のサーバーに蓄積された、様々な情報=ビッグデータを一元管理・分析して広告配信などに活用するプラットフォームのこと。蓄積される情報は、データ提供をおこなう企業が保有しているユーザーの年齢・性別・関心からWEBサイト内の行動履歴といった、第三者企業の「公開情報」と、企業が自社で保有しているユーザーの基本情報や購買履歴、興味関心などの「非公開情報」とがあり、前者をマーケティングに活用する仕組みを「オープンDMP」、後者を活用する仕組みを「プライベートDMP」と呼ぶ。

DSPのメリット、デメリット

そんなDSPにも、メリットとデメリットの両方が存在します。以下に、それらをまとめますのでご参照ください。

○メリット
 ・広告を「誰に見てほしいのか」という軸でターゲット属性を絞って配信を行える
 ・自動で膨大な量のデータを解析し、最適な広告配信を行ってくれる
 ・細かい設定が可能なDSPでは、特定のジャンルの媒体に絞った配信を行うなど、
  広告主の細かなニーズも叶えられる

○デメリット
 ・広告費以外にも、DSPの利用料金・手数料がかかる
 ・広告の配信先が公開されず、不明であること

以上のように、一般的には、DSPを使うためには広告出稿の費用だけでなく、DSPの利用料金も追加で発生しますので注意が必要です。
また、アドネットワークがクリック課金やインプレッション課金である事に対し、DSPは基本的にインプレッション課金のみとなります。
「どの媒体の、どの広告枠に広告配信が行われるか?」という、配信先が選べないという点では、単にアドネットワークを使う場合もDSPを通して配信を行う場合も同じです。DSPは、「枠」ではなく「人」でセグメントを掛けることが可能ですが、枠の選択はできません。

終わりに

DSPは、広告主が複数のアドネットワークやアドエクスチェンジ、SSPなどへ広告配信することを可能としており、これにより広告をまとめて複数の媒体に配信できるようにしています。特徴的なのは、その大量配信に加え、顧客属性でターゲットを絞った費用対効果の高い広告配信を同時に実現している点です。ここまで紹介した内容でおわかりのように、DSPは、『広告主が、広告出稿の費用対効果を高めるためのプラットフォーム』と言えます。

マーケティングオートメーション(MA) とは

まず、マーケティングオートメーション(MA)について、その特徴・メリットや導入の手順までをご紹介します。

マーケティングオートメーション(MA)とは、コスト削減と売上アップを両立するツール

マーケティングオートメーション(MA)とは、顧客情報から見込み客の精査と育成を行って購入可能性が高いリストを作成し、営業担当に送るまでの一連の行為を自動化するシステムやツールのことを差します。近年では消費者の動向が変化しており、それに合わせてマーケティングの手法も複雑化しています。マーケティングオートメーションを導入する企業が増えているのは、複雑化した見込み客のWEB上での行動履歴を見える化し、購入に近い状態の見込み客への育成と把握ができるため、大幅なマーケティング活動のコスト削減と売上アップの両取りを狙えるシステムとなっています。

しかしながら一方で、マーケティングオートメーションを支援するツールは幾つもの種類があるため、導入を悩んでいる企業も少なくありません。マーケティングオートメーションは、適切なシステムを選びを行い、その後の運用設計をしっかり行うことができれば、継続的に売上貢献をする仕組みを作れるツールとなります。

マーケティングオートメーション(MA)の特徴とは

マーケティングオートメーションの特徴は、WebサイトやSNSなど複数のチャネルでの配信と、そこから得られた情報の一括管理が行えることです。現在のビジネスシーンにおいて、見込み客を発掘するために多くの企業がWebサイトやSNSによる情報発信やセミナー、体験会などの施策を行っています。しかし、消費者の動向が多様化する現代では、企業側からの一方的な情報配信だけでは見込み客の発掘は難しくなっており、効率よく見込み客を見つけるためには多様化する顧客のニーズに合わせたチャネルの配信が必須となります。マーケティングオートメーションでは、情報の配信と見込み客の管理を同じテーブルで行えるため、顧客動向に合わせた最適なチャネル配信が可能です。加えて、見込み客を発見した後には、スムーズにその顧客を育成するためのアクションへと移行できるのも、マーケティングオートメーションの特徴です。

マーケティングオートメーション(MA)を導入するメリット

マーケティングオートメーションの導入はさまざまなメリットを生み出します。

例えば、情報を一元化することによって複数の営業担当が同一のリストに重複してアプローチを掛けてしまったり、或いはアプローチがNGとなったはずのリストにアタックしてしまったりといった人為的なミスによる「不適切なアクション」が起きることを防ぎます。

ウェブ訪問者やセミナー参加者などで得た見込み客は適切な情報を提供し続け、定期接触を図ることで顧客に引き上がるまで育成しなければなりませんが、「最適なタイミングで見込み顧客の興味・関心をくすぐるようなアクションを起こすこと」は手間も掛かり、決して簡単なことではありません。
そこで、マーケティングオートメーションを導入することによって、アクションを起こす最適な時期の管理を行い、不適切なタイミングで不適切な情報提供を行うなどといったミスを減らすことができます。また、見込み客や顧客に最適なチャネルで情報を提供できるため、その点においても見込み客や顧客との良い関係性が構築しやすくなることがメリットの1つです。

一方で、導入にあたっては注意も必要です。
マーケティングオートメーションはあくまでビジネスをサポートするものであり、全ての工程におけるマーケティング活動を自動化することができるわけではありません。マーケティングオートメーションが導入されても人間が行わなければならない業務と必要不可欠な人員数、システムの下準備などの検討が大切になります。検討が甘いまま導入を行うと、導入後に余計なコスト・工数が発生し当初の目的が果たせない場合が起こるため、注意が必要です。

マーケティングオートメーション(MA)を導入する手順

マーケティングオートメーションを導入するためには、前述の通り準備が重要となります。目的の設定から運用フローの構築までを段階的にクリアしておかなければなりませんので手順をご紹介します。

①導入目的の明確化と、具体的な目標設定
まずは最初に導入の目的を明確にしマーケティングオートメーションで成し遂げたい結果を考え目標を設定します。目標は、大雑把なものではなく数値目標にし、具体的に設定することが重要です。

②見込み客管理の見直しと設計
次に見込み客の管理の見直しをおこないます。見込み客の管理は「見込み客の把握」と「見込み客育成」の2つのフローに分けて見直します。
まず「見込み客の把握」のステップでは、すでにリスト化されている見込み客のペルソナを再分析して見込み客の嗜好や興味・関心の傾向を把握する作業を行います。これを正確に行っておけるかどうかがマーケティング施策全体の成果に大きく関わってきますので入念に取り組むことをおすすめします。また次に、「見込み客育成」のフローでは、先に把握した見込み客の特徴に合わせて今後のアクション方法やタイミングなどの再検討を行なっていきます。

③自社の体制作り(運用定着のために)
最後に、自社においてマーケティングオートメーションが実際に運用できる体制作りを行います。そのために、実際にマーケティングオートメーションを導入したあとで業務上の混乱や問題が生じないようにマーケティング部門と営業部門の役割と情報共有の手法について見直しを行うことが必要となってきます。

このように、マーケティングオートメーションの導入を成功させるためには、マーケティングオートメーションが会社のマーケティングフローの一部として問題なく組み込まれ、PDCAサイクルを回せるように事前に会社を適正化することが重要となります。

MA導入の成功ポイントは、運用の目的をはっきりさせること

顧客管理から営業までの情報を一元化し、PDCAサイクルをさらに効率よくすることがマーケティングオートメーションの導入で実現されます。マーケティングオートメーションは、高度なマーケティング能力が求められる今後のビジネスシーンにおいて、強力なツールとなり得るものです。しかし、前述の通りマーケティングオートメーションが自動化できるマーケティング活動は一部分に限られており、導入にはしっかりと準備を行うことが欠かせません。自社の目的や狙いと合っていない状態でマーケティングオートメーションを導入しても売上向上に寄与することは難しいものです。また、ツールやシステムは一度導入するとその変更には大きなスイッチングコストが掛かってくるため、再度現在の自社の課題や問題を検討して最適なマーケティングオートメーションは何かを見極め導入を行うことが重要です。

動画マーケティングとは、どのような施策か?

動画施策とはそもそもどんなマーケティング施策で、どのような強みがあるのか、基本事項をご紹介します。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングは映像コンテンツをインターネット上にアップロードして、動画視聴者に対して特定の商品・サービスへの興味・関心を高めることを目的としたマーケティング手法の一つです。
さらに、動画というコンテンツを通じて企業そのものへ関心を持ってもらうといった、ブランディング効果を期待した活用方法もあり、知名度やロイヤルティの向上を図った ”ブランド戦略” の手法の1つにもなってきています。
また、動画マーケティングにはその特徴から購買意欲を促進させる効果や、有効なコンバージョン率をアップさせるといった効果も期待できます。

動画マーケティングの強みを紹介

インターネット上に動画を投稿できるサービスの一例として、代表的なものに「YouTube」があります。このYouTubeの利用率は日本の場合約77%を超えると言われ、中でも10~20代の世代が多く利用しています。また、動画のぷらっとフォームにより、若い世代をターゲットとしてものや、女性をターゲットにしまものなど登場しています。さらに、インターネット上での動画を利用したマーケティングは、配信方法やコンテンツの内容などに様々な制約が設けられる「テレビCM」に比べて、より自由な形で創造的にメッセージを発信しやすいことも強みとして挙げられます。
またインターネット上における動画マーケティングには、効果測定を手軽に行うことができる利点もあります。例えば、広告のクリエイティブとして動画を活用した場合、広告のクリック数やコンバージョン数などを計測することでユーザーの動画に対する反応がどれ程あったのかを計測することができます。あるいは、先ほども例に上げたYouTubeの場合、YouTube Analyticsという分析ツールを活用することで、自身が持つチャンネルにおける視聴者の年齢層や、どのような動画に興味・関心が高いのかといったことを知るための「反応率」を調べることが可能です。さらに、どのようなサイトを経由して動画を視聴しているのか、視聴したあとはどのようなアクションを起こしたか等の情報まで追って計測することが可能なため、これらのデータを活かしてより効果的な動画制作を行うことができます。
以上のような効果分析を行うことで、視聴者の求める情報が何か絞ることができ、より効果的なマーケティングに繋げることができるのです。

動画マーケティングが注目される理由

動画マーケティングが様々な企業や個人事業主の方に注目されている理由の一つとして、動画コンテンツへのアクセス数が増加していることが挙げられます。アクセス数が増加することで、広告やCMを目にする視聴者も増加し、より企業や商品・サービスへの興味関心が増加することにも繋がります。

さらに、動画コンテンツを世界へ発信するためのプラットフォームが増えたことも注目される理由です。動画の制作・配信は制作会社に依頼したり、専用のソフトを使用する等、誰でもできるようになっている他、動画に差し込む広告の費用も最低限で済みます。このように、動画コンテンツを配信する敷居が低くなっていることで、配信する側の注目度はより高まっている傾向にあります。
また、高品質な動画コンテンツの制作自体が、より手軽なものになっていることも動画マーケティングが注目されている理由です。動画マーケティングが注目され始めたことで、動画制作に力を入れる企業も増加し始めました。そのため、これまで動画を制作したことがない企業や個人の方でも制作を依頼するだけで費用対効果の高い動画を作れるようになっています。
他にも、フリーWi-Fiや通信インフラの性能が向上したことで、動画視聴にかかる通信スピードや安定性が向上したことも理由の一つです。多くの方が気軽に動画を視聴できるようになったことで、動画マーケティングを活用しやすい環境が整ってきています。

まとめ

動画マーケティングは文章や静止画を活用したマーケティング施策よりもユーザーへ提供できる情報量や訴求力が高いため、まずはコンテンツである『動画』をしっかり企画・制作しなくてはなりません。そうした技術やノウハウが自社内にない場合には、数多く登場している代行サービスから自社に合ったサービスを見つけ依頼することも1つの手段です。まだ動画マーケティングを行っていない方は、是非、訴求力の高い動画を活用したマーケティング施策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

アイチケット診療所待合室サイネージ(企業名:アイチケット株式会社)

5歳以下の子を持つママ・30~40代女性約72万人にリーチできる『アイチケット待合室サイネージ』の媒体資料です。

チャットボットとは?

チャットボットは、人間同士がリアルタイムにメッセージをやり取りすることのできる「チャット(chat)」と、ロボットの略称である「ボット(bot)」を組み合わせた言葉です。チャットボットは人間が送信したテキストや音声に対して、人間ではないボットが反応する、自動会話プログラムのことを指します。

開発された当初のチャットボットは、特定の言葉に定型文を返すだけのものでした。しかし、近年ではAI技術の発達により、人工知能を搭載したより高度なものが開発され、チャットボットは接客ツールとして活用が進んでいます。

決まったキーワードにのみ反応し、決められた回答を行う「人工無脳タイプ」、過去のデータから利用者の求めている情報に合致する回答を行う「人工知能タイプ」とも呼ばれており、導入コストも様々です。

チャットボットは、これまで人が対応してきた顧客対応を担う可能性を持ち、業務の効率化や人員削減に寄与すると考えられています。コールセンターなど比較的決まった対応が多いサービスへのCS向上目的としての導入だけでなく、マーケティング分野でもコンバージョンアップにつながる施策として注目され、導入する増えてきています。

チャットボットのメリット

チャットボットを活用する事で以下のようなメリットがあります。


●企業側のメリット:「顧客対応を自動にする事で、省人化を図れる」
通常、24時間対応を行おうとした場合、採用自体が大変だったり、高コストになったり、、、という課題が出てきてしまい、人による対応ではなかなか実現し難いポイントでもあります。チャットボットであれば、サポートスタッフなどに変わり、24時間、顧客の声に対して迅速な対応をすることが可能となります。

●顧客側のメリット:「待ち時間の減少と質問するまでの心理的ハードルが低い」
日中の営業時間は忙しいユーザーや、電話等よりも気軽に質問をしたいユーザーにとっては、チャットボットを使い待たされる時間や返答までの時間が削減できることが何よりの利点であり、チャットボットは企業側だけでなく、顧客側にもメリットとなります。

また、顧客情報さえあれば、顧客ひとりひとりに合わせた接客ができるところも魅力の一つです。

しかし、現時点で人工知能には限界があり、複雑な意見に対し最適な回答ができないという問題もあります。

その場合には人間へ引き継ぐなどといった工夫が必要になるので、完全な無人化は今はまだ期待できないというのが現状です。また、ボットは今までに蓄積されたデータを基にした情報判別をしているため、その2つの紐付けがとても大切になっていきます。チャットボットを導入する際には、データとのシームレスに連携した運用方法も視野に入れて、事前に入念な検討を重ねるのが良いでしょう。また、インターネットに不慣れな老年層への対応も考えておくことが必要です。顧客の年齢層によっては、高度で機能的な設備が裏目にでることもあります。
このように、自動化による利便性が高い反面、チャットボットは扱いが難しくもあります。しかし活用の方法によっては、Web上での営業活動を自動化し効率を高めるなどの効果的な働きが行われる可能性も秘めているのです。チャットボットを運用するためには、利点や導入目的、また発生するリスクをしっかりと理解し、運用の構造を整備しておくと良いでしょう。

データフィード広告とは?

データフィード広告とは、効率良くユーザーに自社の製品や商材などをアピールしながら、広告運用の利便性を向上させることができる施策です。

そもそも、データフィードとは、ユーザーの閲覧や購入の履歴データを広告配信先のデータ形式に変換し連携させる仕組みのことで、企業が保有する商品のマスターデータを利用し、インターネット上にある情報を更新することができます。このデータフィードを利用した広告のことをデータフィード広告といいます。

複数の広告媒体にデータフィードを活用することでユーザーが見ているウェブサイト上にピンポイントに関連商品や過去に閲覧した商品などを掲載できるので、ユーザーの目に止まりやすく費用対効果が良いことが特徴です。

例えば、あるユーザーがウェブ上のショッピングサイトで、ダイエット関連のサプリメントを検索し、そのページを閲覧したとします。そのあと別のショッピングサイトに行くとサイトの商品とは別に、ページの上部や横に先ほど見たダイエット関連のサプリメントやそれに関連する商品の広告が現れます。この表示されている広告がデータフィード広告となります。これらは、登録している配信先であれば表示が可能です。

データフィード広告のメリット

データフィード広告の最大のメリットは、ユーザーが興味を持っている分野の広告を的確に表示できる点です。特に買い替えを頻繁に行う安価な商品や日用雑貨を取り扱っている企業には効果的で、安価な上に興味のある広告が頻繁に表示されるので「もう一つぐらい購入してもいいかも」というユーザーの購買意欲が促進され利益拡大につながりやすくなります。また広告を複数のウェブサイトに自動で表示させることができるので、ダイレクトメールやSNS広告と違い広告作成に関する時間や工数などを減らすことができます。そのほかにも広告の配信先が多くなってもデータフィード広告を利用すれば対応ができ、多くのウェブサイトに広告を表示すれば自社サイトへの集客率が上がり利益の拡大も可能です。

データフィード広告の具体的な活用方法について

データフィード広告の仕組みや特徴・メリットなど基礎的な部分を見ていきました。ここからは、具体的な活用方法をご紹介していきます。

データフィード広告のシステムは外部に委託する方が良い?

データフィード広告はウェブサイトを閲覧しているユーザーにピンポイントで興味のある事柄や物を表示し、広告効果に大きな影響を与えるため、データフィードの最適化と断続的な運用や管理が重要になります。自社でデータフィード広告のシステムを構築できれば良いですが、一から構築するには膨大な時間がかかります。またシステムを維持するためにも専門の知識を持った人の雇用や育成が必要なので、コストもそれなりに掛かかります。

コストや手間を削減したい場合は外部サービスを利用することをおすすめします。専門の知識を持った企業に委託すれば既存のシステムを持っているため、構築時間がかからず配信先の追加や仕様の変更があった場合でも迅速に対応してくれます。外部に委託するので利用するための費用がかかりますが、一からシステムを構築したり断続的に管理をしたり…といった手間を考えると委託する方が費用対効果は高くなります。もしシステムを企業に委託する場合は、企業によって金額や内容などが多少違うため、内容や違いをきちんと把握してから決めると良いでしょう。

自社の利益を上げるためにはデータフィード広告の活用が必須!

AIや機械学習などのテクノロジーはこれからもさらに進化していき、それに伴ってデータフィード広告の市場もさらに拡大が期待できます。データフィード広告の活用は大きなメリットをもたらし、早めに導入していればユーザーが使用するデバイスや行動が多様化しても自社サイトへの集客率や収益の安定化させることができます。データフィード広告の利用を検討している場合は自社で開発するのも良いですが、専門の企業に委託すると効率良く自社サイトをアピールすることができメリットを最大限に活かすことが可能です。

SNSマーケティングにおけるTwitter広告

スマートフォンが普及し、SNSに触れる機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。

デジタル社会に強い影響を及ぼすSNSの中でも、Twitterは代表格とも言える存在です。SNSの利点として、情報提供の気軽さが挙げられます。アカウントがなくても閲覧が可能で、拡散性の高いTwitterは特にその色が濃いと言えるでしょう。誰でも簡単に伝えたい情報を宣伝できるTwitterは、SNSマーケティングにおいて重要な役割を担っています。

Twitter広告とは?その魅力について

Twitterでは様々な「Twitter広告」が表示されます。トレンドに羅列されるプロモトレンドとして、タイムラインに流れるプロモツイートとしてなど、その形は本当に様々です。Twitter広告では、従来の広告とは違い、企業が流した情報を、ユーザーが自らの手で拡散することが可能です。また、利用者がTwitterに提供している情報をもとに広告を表示させているため、コンテンツに興味がある人だけに向けた効果的な宣伝が見込めるというのも、魅力の一つであると言えるでしょう。

Twitter広告の種類

Twitter広告には、主にプロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドなどがあります。
まず、プロモツイートについてですが、これは通常Twitterに投稿するツイートに、広告としての機能を追加したもののことを言います。広告であることが明記されるほかは、普通のツイートと同じなので、利用者は気軽に反応して拡散することができます。また、Twitterの返信やアンケート機能を利用した、顧客情報の収集を兼ねたプロモーションとしての役割も期待できるでしょう。
Twitterにあるフォロー機能を利用したのが、プロモアカウントです。プロモアカウントは、利用者の情報から関連のあるアカウントを、おすすめユーザーとして紹介します。また、タイムラインや検索結果にも表示することが可能です。特定のアカウントをフォローすると、そのアカウントの投稿がタイムラインに表示されるので、企業はいち早く情報を利用者に知らせることができるのです。
類似のものとして、Twitterのトレンド機能を利用したプロモトレンドがあります。トレンドでは流行のキーワードを確認できます。プロモトレンドはそこに表示される広告のことです。ただ、現時点で個人広告主はこの広告を表示することができないので、注意が必要です。

Twitter広告の活用方法

Twitter広告は、Twitter利用者から収集された情報をもとに表示されるので、個々の利用者にとって興味関心が高いコンテンツが紹介されるという形態になっています。普段どんなツイートを好んで閲覧しているのか、利用者の行動によって表示される広告が変わってきます。広告主は受身でありながらも、顧客の望みにこたえる提案をすることが可能だと言えます。また、アンケート機能などを有効に利用することで、発信ひとつで顧客の声を自由に聞くこともできるでしょう。さらに、ツイートを閲覧した人数も分かるため、閲覧数の増減によって顧客の需要傾向を知ることもできるのです。
膨大なデータに基づいて顧客ひとりひとりの好みに合わせた情報を提供するということは、デジタル分野が得意とするところであると言えるでしょう。さらに、誰しもが手軽に利用できるTwitterは、情報化する社会にますます浸透していくことが考えられ、情報共有ツールとしてより多くの人の目に触れることもあり得ます。Twitter広告は、企業を発展させるための情報発信ツールとなり得るのです。

終わりに

Twitter広告についての基本事項をご理解いただけたでしょうか。Twitter広告には、集客やプロモーション、また企業の情報発信など様々な使い方があることがおわかりいただけたかと思いますが、施策を考える際にはどれも達成したい成果や目的・目標などを明らかとし、最適な施策を選ぶことがが重要です。是非、自社にあった活用方法を検討してみてください。

成果につながるUI/UXデザイン

マーケティングをするうえで、WEBページやアプリを活用したマーケティングはそれぞれ非常に大きな影響力を持っています。そうしたなか、自社のWEBサイトやアプリから成果をあげるためには、UI/UXデザインの質がマーケティング施策の成功を実現させる大きなカギを握っているといっても過言ではありません。また、UI/UXは似ているようでもそこには大きな違いが存在しています。今回は、より効果の高いWEBサイトやアプリをつくるために重要な要素である、UI/UXデザインについてご紹介します。

ユーザーの第一印象がきまる!そもそもUI/UXとは?

UIとは、「ユーザーインターフェイス」の略で、日本語に直訳すると「使用者の接触面」となります。わかりやすく言い換えると、ユーザーがサービスを利用するときに目にして触れる部分はすべてがUIということになります。例えばネットショップを経営している場合、お客様がアクセスするホームページ自体がUIとなります。

一方でUXとは「ユーザーエクスペリエンス」の略で、日本語に直訳すると「使用者の体験」になります。ユーザーがサービスを利用する際に体験したこと、感じた気持ちなどがUXとなります。例えば、「インターネットで欲しい商品を探していたところ、目当てのものがすぐに表示され嬉しさを感じた」という体験・感情や、「購入の際に入力フォームや手順に分かりづらい部分があり不便に感じた」といった体験・感情などのすべてがUXとなります。

また、これらのUIとUXには相互関係が存在しています。例えば飲食店で食事をしていてどんなに美味しい料理だったとしても、店内が汚かったり、店員の接客態度が悪かったりといったマイナスポイント部分があると、多くの人はまたその店に行きたいと思えなかったり、入店を躊躇ってしまったりすることかと思います。この例えでいうならば、店内や店員はUIで、料理はおいしかったけど店が汚かった、店員の態度が不愉快だった、或いは期待してなかったけど料理がすごくおいしかった、などの感情の部分すべてがUXにあたる部分になります。これと同じことがWEBサイトやアプリにおけるUI/UXでもいえ、それぞれの改善は顧客がサービスを利用するかしないか、商品を購入するかしないかに直結する事項となるため重要であるということが分かります。

以上のように、UI/UXデザインはお客様の第一印象を左右するとても大事な要素になります。

効果的なUIとはどんなものか。UIデザインで重要なポイント

実際にUI/UXデザインを考えるときに重要視しなければいけないのは、ターゲットを明確にすることです。どんなユーザーにサービスを使用してもらいたいか、サービスを通して最終的にどんな体験をしてもらいたいか、ということを明確にしなければ、マーケティングで成果をあげられるUI/UXデザインは構築できません。

UIデザインを考える際に、大切なことはターゲットに受け入れられるかどうか、ということです。例えば単身高齢者向けの在宅介護のホームページをつくるのに、文字の表示が小さく見づらかったり、HPをおしゃれなデザインにしようと思うばかりに英語の表記を増やしてしまい、結果ユーザーに取っては分かりづらいものになってしまったりと、高齢者自身がそのHPで知りたい情報までたどりつけないデザインになってしまうことが考えられます。反対に、誰にでもわかりやすいシンプルなホームページを作成したとしても、それが美容室などでのHPであれば、シンプルで簡素すぎるデザインはその美容室が本当にオシャレなサービスを実現できるのかユーザーに疑問を抱かれてしまいかねません。

このように、UIデザインにおいてはターゲットにあったUIを作成することが非常に重要なポイントとなります。

UIを改善するだけでは足りない?収益性の高いUXデザインをつくるには

UXデザインにおいては、収益性を高めるためにはより様々で複雑な要素が関わってきます。UIを改善することはUXを高めるために重要なことですが、それはあくまでもひとつの「要素」にすぎません。どんなにターゲットを意識したUIを構築しても、ユーザーの価値観や「良い体験」に対する判断基準は様々で、ターゲットが何を持って「良い体験」ができたと思うかをあらかじめ推測し当てることは難しいものになります。

また、UXの質を高めるためには、事前にさらに一歩踏み込んだユーザーの価値観やプライベートな情報のより詳細な個人情報を含めたターゲットの人物像「ペルソナ」を設定する必要があります。これを行うことで、サービスが提供する側の独りよがりなものになることを防ぎ、ターゲットとなるユーザー本位なサービスを実現することに近づきます。ユーザーにサービスを通して満足してもらうためには、多種多様なペルソナを想定し、最終的にどんな体験をしてもらいたいか、ということを明確にしておくことが大切です。20代をターゲットにした投資のプランを作成しても、未婚・既婚、親と同居・単身など人によって経済状況は千差万別です。多くの20代にアプローチしても、興味を持ってもらえずその分の広告や宣伝にかかったコストが無駄になってしまうことも考えられます。より多くのペルソナを設定することは、長期的な視点においてコストを削減し、収益性の高いマーケティングをすることに繋がるのです。

UI/UXデザインを改善することで、より効率的なマーケティングができる

UI/UXデザインを改善することで、サービスを必要としている顧客に対して最適かつ効果的といえるアプローチをすることができ、サービスに興味を持たないターゲットにリソースを割く無駄を少なくできます。より収益性の高いマーケティング施策を実現するためにも、ユーザー目線でのUI/UXデザインは欠かせないものとなります。

こうしたUI/UXデザインのノウハウは、なかなか自社だけでは短期的に獲得・実現することは難しいため、専門のUI/UXデザインの企業に相談して改善を図ることが最も手っ取り早い手段ではあります。直ぐに成果を出したい場合には、そうした専門の企業に委託を行うこともおすすめです。

関連記事

マーケティングカテゴリから探す

人気記事ランキング