ビル広告とは?種類や料金相場、成功事例、活用するためのコツを解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

ビル広告とは広告メディア
広告メディア

ビル広告は屋外広告の1つで、特に首都圏でよく見られる広告です。ビル広告がどのような広告を指すのか、また企業はどのようにビル広告を活用しているか興味のある方も多いのではないでしょうか。今回は、ビル広告の特徴やメリット・デメリット、実際にあったビル広告の成功事例、料金の考え方、有効に活用するためのコツなどをご紹介します。

ビル広告の導入を検討している方は、参考にしてみてください。

本記事では、以下のような内容を解説します。

  1. ビル広告とは
  2. ビル広告の特徴
  3. ビル広告のメリット・デメリット
  4. ビル広告の種類
  5. ビル広告の料金相場
  6. ビル広告の成功事例
  7. ビル広告を有効活用するコツ
  8. ビル広告を戦略的に活用!

1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

ビル広告とは

ビル広告とは

ビル広告は、都市エリアや交通ルートなどの屋外広告(OOH)メディアを活用した企業の広告手法です。大型ビルボードやデジタルサイネージを通じて、渋谷や新宿などの首都圏エリアで効果的な広告を展開します。デジタル技術の進化も取り入れ、オフィスビルのエレベーターなどさまざまなスペースで利用されています。企業は期間やエリアに応じた戦略的なプランを立て、ターゲットユーザーに訴求することが可能です。総じて、ビル広告は都市部での認知度向上やマーケティング戦略の一環として効果的に利用されています。

ビル広告の特徴

ビル広告の特徴

ビル広告は屋外広告(OOH)の1つとして、都市空間において顕著な存在であり、その特徴は広範な視認性と効果的なブランド露出にあります。この章では、ビル広告の特徴についてお話します。ビル広告の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 視認性の高さ
  • ランドマークとしての機能
  • 多様な形態とメディア
  • 視覚的なインパクト
  • 夜間の効果

視認性の高さ

ビルのような高い建造物や交通経路に広告を配置することで、広告は遠くからでも目に留まります。視線が集中する高所や交通経路に掲示されたビル広告は、通行者や車内の利用者に強い印象を与え、効果的な訴求が可能です。視認性の高さはビル広告の目立ち度を向上させ、広告主のメッセージが多くの人に効果的に届く特長があります。

ランドマークとしての機能

大型ビルボードやデジタルサイネージは都市のランドマークとして、街全体にアイデンティティを与えます。これらのビル広告は視覚的な印象を強化し、地元の住民や訪れる人々に街の象徴として認識されます。ランドマークとしての存在感はビル広告の特徴やメッセージを記憶に刻み、視聴者に深い印象を残します。この効果により、ビル広告は単なる宣伝手段を超えて、地域社会との結びつきを生み出し、広告主のブランド認知度を向上させます。

多様な形態とメディア

ビル広告は多様な形態とメディアがあり、広告主が目的やターゲットに合わせて選択できます。大型ビルボードは視認性が高く、デジタルサイネージはリアルタイムな情報発信が可能。ビジョン広告は大規模な映像表現ができます。プリント広告からデジタルメディアまで幅広く、これらの多様な選択肢が広告戦略の柔軟性を提供し、効果的な広告キャンペーンの展開が可能です。

視覚的なインパクト

ビルを利用したビジョン広告は建物の壁全体を使用し、印象的な映像広告を実現します。動画や洗練されたデザインが視聴者の視線を引きつけ、建物を巧みに利用した広告は通行者や周辺の人々に大きなインパクトを与えます。その結果、視覚的な訴求力が極大化し、広告が注目されやすくなります。ビジョン広告の利用は広告キャンペーンにおいて強力な視覚的な印象を残し、ブランドやメッセージが視聴者に深く浸透する一因となります。

夜間の効果

デジタルサイネージやビジョン広告は夜間でも効果を発揮し、美しい照明や動画が街を彩ります。暗い環境での輝きがビル広告の視認性を一層引き立て、夜の街において広告がより際立ちます。デジタル技術を駆使した光り輝くビル広告は通行者や夜遊びの人々に強烈な印象を与え、街全体に活気を与えます。夜間の特有の雰囲気を活かした広告戦略は、視聴者の感情を刺激し、ビル広告のメッセージが深く心に残りやすくなります。

これらの特徴により、ビル広告は都市環境での広告戦略において非常に重要な要素となっています。

ビル広告のメリット・デメリット

ビル広告のメリット・デメリット

ビル広告は都市環境で目を引く広告媒体であり、多様な形態が企業の広告戦略を支援します。しかし、その一方で費用や効果の測定には注意が必要です。

この章では、ビル広告のメリットとデメリットに焦点を当て、効果的な活用のための洞察を提供します。

ビル広告のメリットとデメリットを簡単に説明します。

メリット

高い視認性とリーチ

大型ビルボードやデジタルサイネージは東京などの都市の注目スポットに配置され、多くの人が目にするため、効果的な広告リーチが期待できます。

都市のランドマーク化

ビル広告は施設の建物をランドマークとして利用し、地元の住民や観光客に強烈な印象を与え、ブランド認知度を高めます。

柔軟なデザインと情報変更

デジタルサイネージはリアルタイムでコンテンツを変更でき、季節やキャンペーンに合わせて柔軟な情報発信が可能です。

デメリット

高い広告料金

ビル広告をはじめ、看板の設置やメンテナンスには高額な料金がかかります。これが中小企業などにとってハードルとなることがあります。

環境への影響

大型ビルボードやデジタル広告はエネルギーを多く消費し、環境に対する負荷が想定されることがあります。

飽和感と広告疲れ

高密度なビル広告がある場合、視聴者は広告に飽きる可能性があり、広告の効果が低下するリスクがあります。

ビル広告の種類

ビル広告の種類

ビル広告は都市の空を飾る効果的な広告手法であり、屋外広告(OOH)の1つとして多様な形態で展開されています。大型ビルボードはランドマークや交差点に、デジタルサイネージは柔軟な情報発信に優れ、ビジョン広告は壁全体を映像で魅せます。これらのビル広告の種類ごとに独自の特徴があり、広告主は目的に応じて戦略的に選択できます。

ビル広告の種類には、以下のようなものがあります。

  • 大型ビルボード
  • デジタルサイネージ
  • ビジョン広告

それぞれのビル広告の詳細な特徴について解説します。

大型ビルボード

ビル広告の大型ビルボードは、都市のランドマークや主要交差点に巨大な看板を設置し、多くの人が目にすることができる広告手法です。高い視認性と広告のリーチが特徴で、通行者やドライバーなど広範な観客に広告メッセージを伝えるのに適しています。

大胆なデザインや簡潔なキャッチフレーズを活用して、効果的なブランド露出を実現します。

デジタルサイネージ

ビル広告のデジタルサイネージは、LEDやデジタル技術を駆使して広告を表示する媒体です。リアルタイムでコンテンツを変更でき、季節や時間帯に合わせた柔軟な情報発信が可能です。インタラクティブな要素を組み込んで視聴者の関与を促進し、動的で効果的なキャンペーンを展開できます。

デジタルならではの多彩な表現が広告の印象を向上させます。

ビジョン広告

ビル広告のビル広告のビジョン広告は建物や壁面全体を使った映像広告の形態です。動画やインパクトのあるデザインが注目を引き、視覚的な訴求力を高めます。特に夜間や暗い環境での効果が際立ち、都市の夜景に調和して目を引きます。

美しい映像や感動的なストーリーを通じて、視聴者に深い印象を残すことができる広告手法です。

ビル広告の料金相場

ビル広告の料金相場

ビル広告の料金相場はさまざまで、広告の形式や掲載エリアにより大きく異なります。ビル広告の掲載スペースのサイズはもちろん、一般的に、都市の中心部や交通量の多いエリアほど高額となります。

大型ビルボードやデジタルサイネージの場合、数百万円から数千万円に及ぶこともあります。また、広告の掲載期間や規模、ビルの特性も価格に影響を与えます。渋谷や新宿、大阪の中心街などの繁華街では需要が高まり、料金も上昇傾向にあります。企業や広告主は、効果的なビル広告プランやターゲットユーザーに合わせた掲載スペースの選択が重要です。そして、制作会社と相談しながら、これらの要素を考慮して広告料金を検討することが求められます。

ビル広告の成功事例

ビル広告の成功事例

ここでは、実際にあったビル広告の活用事例をご紹介します。どれも、注目を集めた屋外広告(OOH)の成功事例なので、参考にしてみてください。

今回ご紹介するビル広告の成功事例は、以下です。

  • BMW Japan
  • 龍角散
  • NETFLIX×『幽☆遊☆白書』

それぞれのビル広告の掲示場所や内容をご紹介します。

BMW Japanのビル広告

ビー・エム・ダブリューは、次世代電気自動車BMW iXの発表に先駆け、日本初の3D自動車ビル広告を表参道で展開しました。ビルのデジタルボードに投影されたBMW iXは特殊メガネ不要で、充電や走行の様子が迫力のある3Dで表現され、視覚的なインパクトを強調しています。この斬新なビル広告は、街の中心である表参道で多くの人々に注目されています。BMWは、新しい形式の屋外広告(OOH)を通じてブランドの特徴やスタイルを効果的に訴求し、斬新なアプローチにより注目を集めました。

参考:3DによるBMW iXの屋外広告が登場| BMW Japan 2024

龍角散のビル広告

製薬会社の株式会社龍角散は、2016年に渋谷駅近くのビル屋上に「龍角散ダイレクトスティック」(ミントとピーチの2種類)の製品パッケージにそっくりなデザインの屋外広告(OOH)を掲出しました。ビルを活用したこの斬新な広告手法は、都心の中心である渋谷で多くの注目を浴び、視覚的なインパクトを生み出しました。製品の特徴を魅力的に表現し、消費者に製品への関心を喚起するビル広告の成功事例となりました。

参考:「龍角散ダイレクトスティック® 」の屋外広告屋外広告・交通広告業界誌「月刊サインアンドディスプレイ」 | Products Planet by 「月刊サインアンドディスプレイ」

ETFLIX×『幽☆遊☆白書』のビル広告

NETFLIXは、実写版『幽☆遊☆白書』の配信に合わせて、渋谷のスクランブル交差点でビル広告を展開しました。最大の特徴は、2棟のビルにまたがってビル広告を掲示している点です。また、ビルに設置したライトを効果的に活用することで、主人公の必殺技である霊丸がリアルに表現されています。

このビル広告を見るために、現地まで足を運んだファンも多く、認知拡大に一役買いました。

参考:浦飯幽助が必殺技を打った先が…! ビル壁を活かした「幽☆遊☆白書」広告がすごかった…専門家が脱帽した理由とは|Yahoo!ニュース

ビル広告を有効活用するコツ

ビル広告を有効活用するコツ

ビル広告の効果的な活用には戦略的なアプローチが不可欠です。都市のランドマークや交通経路にビル広告を配置し、視認性を高めることが大切です。ビル広告にはデジタル技術を駆使した多様な広告形態や、ターゲットユーザーにアプローチする工夫が重要です。ただし、予算や効果測定の慎重な計画も不可欠であり、ビル広告のメリットとデメリットを的確に理解することが成功への近道です。

ターゲット設定

ターゲット設定はビル広告戦略の核心であり、企業は広告の目的に合わせて特定の受け手層を選定します。例えば、ビジネスパーソンを対象にするならば、オフィスビル周辺や交通経路へのビル広告設置が効果的です。

行動傾向や好み、購買力などを調査し、ターゲット層の属性や特性に合致する場所と広告形式を検討することが成功の鍵です。

効果的なデザイン

効果的なデザインはビル広告の成功に欠かせません。大きな文字や鮮やかな色彩を用い、簡潔で分かりやすいメッセージを伝えることが重要です。ビジョン広告やデジタルサイネージでは動的な要素を取り入れ、視覚的なインパクトを高めます。また、ビル広告のターゲットユーザーの好みや嗜好を考慮し、感情に訴えかけるデザインを採用します。定期的なデザインの更新や季節に合わせたアレンジも効果的で、視聴者の興味を引き続ける工夫が必要です。

ビル広告の掲載スペースと期間の最適化

ビル広告の掲載スペースと期間の最適化は、ビル広告の成功を左右します。人の多いエリアやビジネスパーソンが集まるオフィス周辺に焦点を当て、特別なイベントや季節に合わせた戦略的なタイミングで広告を展開します。交通広告やビルボードの配置も計画的に行い、視認性を向上させます。効果測定を通じてビル広告の効果を評価し、必要に応じてスペースや期間の調整を行うことが重要です。

オフィスビルや交通広告の活用

オフィスビルや交通広告の活用は広告リーチを劇的に向上させます。ビジネスパーソンの多いオフィス周辺に広告を配置し、業務時間帯や昼食時にターゲットに訴求。交通経路に広告を設置し、電車内やエレベーターでの視認性を高めます。デジタルサイネージやビジョン広告を活用すれば、リアルタイムでコンテンツを変更し、効果的な情報発信が可能です。これらの手法により、ビル広告はターゲットユーザーに強く印象づけられ、効果的なキャンペーンを展開できます。

デジタル技術の導入

デジタル技術の導入はビル広告に革新をもたらします。デジタルサイネージやビジョン広告により、リアルタイムで動的な広告コンテンツを放映できます。これにより季節やキャンペーンに合わせた柔軟な情報発信が可能であり、視聴者の興味を引きつけます。また、動画やインタラクティブな要素の導入で視覚的な訴求力を強化し、効果的な広告キャンペーンを展開します。デジタル技術は視聴者とのコミュニケーションを深化させ、ビル広告の効果を最大化します。

効果測定と分析

効果測定と分析はビル広告戦略の成功を裏付けます。視聴率や反応率の定量的な測定を通じて広告の効果を評価し、データ分析により視聴者の行動パターンや反応を把握します。これにより広告戦略の改善点を見つけ、より効果的なキャンペーンを展開します。過去の事例やマーケティングデータも参考にし、成功要因を洗練させながら、実際のデータに基づいた意思決定が重要です。

ビル広告を戦略的に活用!

ビル広告を戦略的に活用!

ビル広告は都市の中で目を引く力強いメディアとして、企業がブランドを広く訴求できる重要な手段です。ビル広告に多様な形態やデジタル技術を駆使し、特にビジョン広告などは視覚的なインパクトを与え、夜間でも美しい照明で街を彩ります。ただし、ビル広告は費用や効果の測定は慎重に行い、適切なターゲットやエリアを選定することが成功の鍵です。ビル広告を有効に活用するには、企業の特徴や目的に合わせた戦略的なアプローチが必須であり、計画的かつ効果的なビル広告キャンペーンの展開が求められます。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

広告メディアの資料ダウンロード
マーケメディアでは、広告メディアに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました