マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4310ファイル
  • 掲載企業数 1202
  • 今週の公開資料数11ファイル

マーケティング TOP > 市場調査 > 市場調査 > 「2017 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~」のご案内

「2017 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

サービスに対する消費者の要求レベルの高まりによって、顧客との接点となるコールセンターの存在を重視する企業が増えている。本調査レポートでは、テレマーケティングサービスのアウトソーシング事業者28社とコンタクトセンター/CRMソリューションの有力ベンダ23社を直接取材し、各社の戦略を取りまとめるとともに、当該市場の現状と将来を分析した。さらに、コンタクトセンターにおけるAIの活用の実態と展望について調査し、オペレーター代替としてのAIの活用が進む分野と進まない分野、AIの活用が進む状況下でのテレマーケティング事業者及びソリューションベンダの戦略、ユーザー企業のコンタクトセンターにおけるAIの活用事例、などについて掲載した。

資料詳細説明

■本資料の概要

第1章 コンタクトセンターにおけるAI活用の実態と展望
1.1 コンタクトセンターにおけるAI活用の現状
1.2 今後、活用が進む分野、進まない分野
  (1)コンタクトセンターサービスへの応用が期待される主要技術
  (2)エモーショナル・インテリジェンス
  (3)代替AIの活用が進みにくいと考えられる分野
  (4)代替AIの活用が進むと考えられる分野
1.3 今後の戦略
  (1)テレマーケティング事業者における戦略
  (2)ソリューションベンダーにおける戦略
1.4 活用事例1 株式会社みずほ銀行
  (1)コールセンターにおけるAI活用の現況
  (2)コールセンターにおけるAI活用のメリット
  (3)AI活用の課題と懸念
  (4)今後のAI活用
1.5 活用事例2 SMBC日興証券株式会社
  (1)コールセンターにおけるAI活用サービスの検討状況
  (2)AI活用におけるメリット
  (3)AI活用における課題点と懸念点
  (4)今後のAI活用
1.6 導入事例一覧

第2章 テレマーケティング市場の実態と展望
2.1 テレマーケティングサービスセグメント別の定義
2.2 テレマーケティング市場の現状と見通し
2.3 セグメント別の詳細

第3章 主要テレマーケティング事業者別の動向

第4章 コンタクトセンター/CRMソリューション市場の実態と展望

第5章 主要コンタクトセンター/CRMソリューションベンダ別の動向

発刊日:2016年11月30日  資料体裁:A4 / 929頁
販売価格:
書籍:定価 180,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 180,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 210,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 360,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 390,000円 (税別)
※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

最適なマーケティングパートナー・サービスを探す

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

「2017 コールセンター市場総覧 ~サービス&ソリューション~」のご案内|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。