マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3740ファイル
  • 掲載企業数 1102
  • 今週の公開資料数30ファイル

マーケティング TOP > ソーシャルメディアマーケティング > その他ソーシャルメディアマーケティング支援 > 【生活者視点で考えるSNS活用】生活者にあったブランディングとは

【生活者視点で考えるSNS活用】生活者にあったブランディングとは

企業名:アライドアーキテクツ株式会社

SNSはマス、ネット、リアルをつなぐハブの機能を持つため、生活者の行動や心理が集約していると言っても過言ではありません。
本資料では、生活者視点から考えるSNSマーケティングについて、具体的事例を交えながらご紹介いたします。

資料詳細説明

SNS上では、『こうなりたい』や『そうなりたい』という潜在意識が働き、自分に役に立つ情報や、自分が覚えておきたい情報を発信したり、シェアする傾向が見受けられます。
企業はこの状況を踏まえ、企業視点の独りよがりな情報発信ではなく、生活者の課題や思いに即したコミュニケーションの最適化が求められます。
生活者心理が集約化されたSNSを活用し、顧客と企業の関係性を可視化していきましょう。
【資料アジェンダ】
1.生活者視点4.0
  ・ポイントは、他者への共感と自己実現の欲求
2.必然と計算でつくる
  ・生活者視点のSNS活用コミュニケーション

◆こんな方にオススメです!◆
・SNS施策の目的を見失ってしまっている方
・本質的に施策を見直していきたいマーケティング担当者さま
・顧客とのコミュニケーション強化をお考えの方

対象業種

通販・EC事業者

対象企業規模

企業規模問わず

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

【生活者視点で考えるSNS活用】生活者にあったブランディングとは|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。