マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3569ファイル
  • 掲載企業数 1000
  • 今週の公開資料数25ファイル

マーケティング TOP > Webサイト・アプリ解析 > Google Analytics活用 > GA4のオプティマイズ連携でRFM分析の結果をコスパよく利用する

GA4のオプティマイズ連携でRFM分析の結果をコスパよく利用する

企業名:株式会社プリンシプル

1. はじめに
2. なぜRFM分析は施策実行のハードルが高いのか        
・RFM分析の購入履歴さえあればできる          
   ・CRMはほかのシステムとの連携が必要になる
   ・WEBサイトでの施策にはリアルタイム連携が必要
3. GA4とオプティマイズを組み合わせるとRFM分析の結果をダイレクトに活用できる                 
・施策実施ハードルが下がる(無料・CRM連携なし)   
・RFMベースのセグメントを作成できる
・セグメント別に異なるオファーを提示できる
・例:釣具を売るウェブサイトの場合
4. 補足:UAとRFM分析の相性は悪かった
5. まとめ                         
6. サービス紹介
7. セミナー・お役立ち資料のご案内   

資料詳細説明

ウェブサイトと会員のRFM分析を行い、取るべき施策が見え、いざ実行に移そうとするとCRMとツールの連携で開発が発生することが判明…。

このような場合、せっかく課題と打ち手が見えたのに、実行するコストパフォーマンスが合わなかったり取り組みやすい時期を逸してしまい、分析結果を充分に活かせなくなってしまいます。

本資料では、GA4で可能になったオプティマイズ連携を用いて、RFM分析の結果をコストパフォーマンス良く利用する施策実行の方法を解説します。

対象業種

全業種

対象企業規模

中堅・大企業

この資料は掲載終了いたしました。

【株式会社プリンシプルのその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

GA4のオプティマイズ連携でRFM分析の結果をコスパよく利用する|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。