マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3562ファイル
  • 掲載企業数 1000
  • 今週の公開資料数24ファイル

マーケティング TOP > Webサイト・アプリ解析 > Google Analytics活用 > 【GA4】 リロード検知でCVの重複を回避する最新方法

【GA4】 リロード検知でCVの重複を回避する最新方法

企業名:株式会社プリンシプル

●UAとGA4のCV計測方法の違い               
 1.UAはセッションで、GA4はイベントベースで計測する   
2.問題:GA4ではCVの重複カウントが起きてしまう
●リロード・ブラウザバック検知のためのAPI
 1.【重要!】PerformanceNavigation.typeは使えない
 2.performance.getEntriesByType()の使い方
●実装例:GTMを使ってCVの重複回避を設定する
 1.リロード・ブラウザバックを検知する変数を作成する
 2.トリガーを作成しイベントの発火を制御する
●まとめ
●サービス紹介 
●セミナー・お役立ち資料のご案内

資料詳細説明

UAからGA4に変わり、こんなことに困っていませんか?

リロードやブラウザバックで再表示されたページがコンバージョン(CV)にカウントされてしまう!

「リロードやブラウザバックを検知できれば、CVを計測して欲しい時と計測して欲しくない時を判別できるのでは?」と思い方法を調べていると、PerformanceNavigation.type APIを使用した方法を紹介する記事を多く見つけました。しかし現在、PerformanceNavigation.type は非推奨になっており使用できません!

そこで今回の記事では、PerformanceNavigation.type を使わずにリロードやブラウザバックを検知し、GA4でのCVの重複カウントを回避する方法をご紹介します。

対象業種

全業種

対象企業規模

中堅・大企業

この資料は掲載終了いたしました。

【株式会社プリンシプルのその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

【GA4】 リロード検知でCVの重複を回避する最新方法|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。