『プル型営業とは?』絶対に確認すべき事例とプル型種類

※この記事にはプロモーションが含まれています。

プル型営業とは?営業支援
営業支援

プル型営業は、顧客の自発的な関心を引き出す手法です。本記事では、プル型営業の種類、メリット、デメリット、そして適した業界について詳しく解説します。

m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

プル型営業とは?意味

プル型営業(Pull型営業)とは、顧客が自発的に企業の製品やサービスに興味を持ち、問い合わせをもらえるように仕向けるマーケティング手法です。プル型営業では、企業が直接顧客にアプローチするのではなく、価値ある情報やコンテンツを提供することで、顧客が自発的に行動を起こすように誘導します。

結果的に、プル型営業は顧客との信頼関係を構築し、長期的な関係を築くことができます。

プル型営業の種類

プル型営業にはさまざまな種類があります。以下はその代表的な例です。

  1. コンテンツマーケティング
  2. SEO(検索エンジン最適化)
  3. SNSマーケティング
  4. オンライン広告
  5. 口コミ・レビュー

それぞれのプル型営業の種類について、詳しく解説します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、有益な情報を提供することで顧客の関心を引きつけ、信頼関係を構築する手法です。以下のような形態があります

プル型営業00

ブログ記事

読者に役立つ情報や最新のトレンドを提供することで、ウェブサイトへの訪問者を増やします。例えば、製品の使用方法や業界ニュースなどの興味があったり、読み手に価値のある内容を掲載します。

ホワイトペーパー

専門的で詳細な情報を提供する文書で、特定の課題や解決策について深く掘り下げた内容を提供します。B2Bの営業で特に有効です。

動画

製品デモやチュートリアル動画を通じて、視覚的に製品やサービスの価値を伝えます。YouTubeやVimeoなどのプラットフォームを活用することで広く拡散されやすくなります。

ウェビナー

ライブ形式で行うセミナーやワークショップで、専門家が直接情報を提供します。質疑応答の時間を設けることで、参加者とのエンゲージメントを高めます。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOは、ウェブサイトやブログのコンテンツを最適化し、検索エンジンでの表示順位を上げる手法です。以下の要素が重要です。

キーワードリサーチ

顧客となるであろうユーザーが検索するキーワードを特定し、それをコンテンツに効果的に組み込むことが重要です。

オンページSEO

タイトルタグ、メタディスクリプション、ヘッディングタグなどのHTML要素を最適化し、検索エンジンがコンテンツを正しく理解できるようにします。

コンテンツの質

検索エンジンは高品質で関連性の高いコンテンツを評価します。独自性があり、価値のある情報を提供することで、検索順位が向上します。

バックリンク

他の信頼性の高いサイトからリンクを得ることで、検索エンジンからの評価が上がります。これは、コンテンツの信頼性や権威を示す重要な要素です。

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、ソーシャルメディアプラットフォームを活用してブランドの認知度を高める手法です。以下のアプローチがあります。

Facebook

顧客に合わせた広告キャンペーンやコミュニティの形成が可能です。ビジュアルコンテンツを通じてエンゲージメントを高めます。

Twitter

リアルタイムでの情報発信が得意なプラットフォームで、ハッシュタグを活用して広範なユーザーにリーチするので、知名度・認知度の向上に寄与します。

Instagram

ビジュアルに重きを置いたプラットフォームで、写真や動画を通じてブランドのストーリーを伝えることができます。インフルエンサーマーケティングも効果的です。

LinkedIn

B2Bマーケティングに適したプラットフォームで、業界の専門家や企業とのネットワーキングを強化できます。ビジネス向けのコンテンツやケーススタディの共有が効果的です。

オンライン広告

オンライン広告は、顧客に直接リーチするための効果的な手段です。以下の形式があります。

Google広告

検索広告、ディスプレイ広告、動画広告など、さまざまな形式でネット上に露出することができます。検索キーワードに基づいた広告配信が可能です。

Facebook Ads(現:Meta広告)

詳細なターゲティングオプションを活用して、特定のユーザーに広告を配信できます。ビジュアル広告や動画広告を効果的に活用できます。

ディスプレイ広告

バナー広告や動画広告をウェブサイト上に表示し、広範なユーザーにリーチします。Googleのディスプレイネットワークを活用することで、多数のサイトに広告を表示できます。

リターゲティング広告

リターゲティング広告では、過去にウェブサイトを訪れたユーザーに対して広告を表示し、再訪を促します。これにより、コンバージョン率を向上させることができます。Google広告のリマーケティングについては、公式サイトをご確認下さい。

口コミ・レビュー

口コミやレビューは、既存の顧客からのフィードバックを活用して新規顧客を引きつける手法です。以下のポイントが重要です。

プル型営業のレビュー、口コミサイト

顧客レビューサイト

AmazonやGoogle My Businessなどのプラットフォームにおけるレビューは、新規顧客に対して信頼性を示します。高評価のレビューは特に効果的です。

ソーシャルプルーフ

SNSやウェブサイトで顧客の声を紹介することで、他の顧客に安心感を与えます。実際の使用例や成功事例を共有することが有効です。

インセンティブプログラム

既存顧客に対して、レビューを書いてもらうためのインセンティブ(割引や特典)を提供することで、レビューの数を増やします。

オンラインコミュニティ

フォーラムやSNSグループを活用して、顧客同士の交流を促進し、口コミが自然に広がる環境を作ります。

プル型営業の事例

今回は、HubSpot、Moz、DropBoxの事例をご紹介します。

  1. HubSpot
    コンテンツマーケティングを活用し、ブログや無料のマーケティングツールを提供して多くのリードを獲得しています。
  2. Moz
    SEOツールの提供とともに、豊富なブログ記事やガイドを公開し、SEOに関心のある顧客を引きつけています。
  3. Dropbox
    既存ユーザーが新規ユーザーを紹介すると特典を得られる仕組みを取り入れ、口コミを活用してユーザー基盤を拡大しました。

以上が、プル型営業の事例です。弊社でも、プル型営業の事例があります。国内に法人を置く、日本企業の株式会社マーケメディアでは、資料(ホワイトペーパー)のダウンロードサイトを運営していますが、資料をダウンロードした企業担当者にアプローチできるような仕組みづくりを行っています。ご興味ございましたら、ぜひお問い合わせください。

プル型営業のメリット

プル型営業01

プル型営業には多くのメリットがあります。以下に、その具体的な利点を詳しく説明します。

  1. 高い成約率(コンバージョン)
  2. 顧客満足度の向上
  3. 長期的な関係構築(リレーションシップ)

それぞれのプル型営業のメリットについて順に解説します。

高い成約率

プル型営業の大きなメリットの一つは、成約率が高いことです。

顧客が自発的に興味を持って問い合わせをしてくるため、すでに購買意欲を持っています。このような顧客は、製品やサービスについて知っており、具体的なニーズがあり、顕在層といえます。話がスムーズに進みやすいことが理由で、一般的にはプッシュ型営業と比べて高い成約率でしょう。

さらに、プル型営業で得られるリードは、企業の提供する情報に基づいて問い合わせをしてくるため、質が高いです。これにより、営業活動が効果的になり、成約率が向上します。

顧客満足度の向上

プル型営業は、顧客満足度を高めることにも役立ちます。

まず、価値ある情報を提供することで、顧客にとって役立つだけでなく、企業の専門知識や信頼性を示せます。例えば、ブログ記事や動画、ウェビナーなどがこれに該当します。

また、顧客が求める情報を提供することで、企業と顧客の間に信頼関係が築かれます。この信頼関係が強固であれば、顧客は企業の提案を受け入れやすくなり、満足度も向上します。

さらに、プル型営業は顧客のニーズや問題を理解し、それに対する解決策を提供することを重視します。これにより、顧客の期待に応え、さらには期待を上回るサービスを提供できます。

長期的な関係構築

プル型営業は短期的な売上だけでなく、長期的な顧客関係の構築にも役立ちます。

まず、コンテンツマーケティングやSNSマーケティングを通じて、継続的に顧客とコミュニケーションを取ることができます。このような持続的なコミュニケーションは、顧客との関係を深め、長期的な信頼関係を築く基盤となります。

また、価値ある情報を提供し続けることで、顧客は企業に対して信頼感や親しみを持ちやすくなります。これにより、ブランドロイヤルティが向上し、リピーターや紹介による新規顧客の獲得が期待できます。

さらに、プル型営業は顧客のライフサイクル全体を通じて価値を提供することを目指します。初回購入から継続的なサポートまで、顧客のニーズに応じたサービスを提供することで、長期的な関係を維持しやすくなります。

以上のように、プル型営業は高い成約率、顧客満足度の向上、そして長期的な関係構築という多くのメリットを提供します。これにより、企業は持続可能な成長を実現し、顧客基盤を強化することが可能となります。

プル型営業のデメリット

プル型営業のデメリットは、下記のとおりです。

  1. 時間がかかる
  2. コストがかかる
  3. 競争が激しい

それぞれ解説します。

時間がかかる

プル型営業は、結果が出るまでに時間がかかることがあります。

顧客が自発的に興味を持つようになるまでには、一定の時間が必要です。例えば、ブログ記事や動画を公開しても、すぐに多くの人に見てもらえるわけではありません。検索エンジンでの順位が上がるまでには数ヶ月かかることもありますし、SNS(Twitter(X)インスタ)でのフォロワー数を増やすにも時間がかかります。

また、顧客が提供されたコンテンツを消化し、実際に問い合わせをするまでには、さらに時間がかかることがあります。したがって、短期的な結果を求める場合には、プル型営業は不向きです。

コストがかかる

高品質なコンテンツの作成やSEO対策にはコストがかかることがあります。

まず、ブログ記事やホワイトペーパー、動画などのコンテンツを作成するには、専門的な知識やスキルが必要です。これを社内で行う場合でも、時間と労力がかかりますし、外部に依頼する場合には費用が発生します。

また、SEO対策も一回限りの作業ではなく、継続的な取り組みが必要です。検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に変わるため、それに合わせてコンテンツを更新したり、新しい対策を講じたりする必要があります。このため、SEOの専門家を雇うか、外部のSEO会社に依頼することが多く、その費用も無視できません。

競争が激しい

同様の手法を取り入れている企業が多いため、競争が激しくなることがあります。

多くの企業がプル型営業のメリットを認識しているため、同じ市場で多くの競合他社が存在します。特に、人気のあるキーワードやトピックについては、検索エンジン上での競争が非常に激しくなります。

さらに、SNS上でも多くの企業が活発に活動しているため、ユーザーの注意を引くのは容易ではありません。独自性やクリエイティブなアプローチが求められますが、それを実現するためにはさらに時間とコストがかかります。

このように、プル型営業には時間やコストがかかるだけでなく、競争が激しいというデメリットもあります。それでも、これらの課題を克服することで、長期的には大きな成果を得ることが可能です。

プル型営業が向いている業界

プル型営業は、多くの業界で効果を発揮するマーケティング手法です。以下に、特に効果的な業界とその理由を詳しく解説します。

IT・ソフトウェア業界

IT・ソフトウェア業界では、技術的な情報やガイドが求められるため、コンテンツマーケティングやSEOが効果を発揮します。

この業界では、新しい技術やツールに関する情報を求めているユーザーが多く、専門的なブログ記事やホワイトペーパーが非常に有効です。例えば、ソフトウェアの使用方法やベストプラクティスを紹介することで、ユーザーに価値を提供できます。

さらに、SEO対策を通じて検索エンジンの上位に表示されることで、技術情報を探しているユーザーを自然に引き寄せることができます。技術的なキーワードをターゲットにしたコンテンツは、長期的に安定したトラフィックをもたらします。

教育業界

教育業界では、オンラインコースや教育コンテンツを提供することで、興味を引きやすくなります。

例えば、オンライン教育プラットフォームや教育機関は、無料のウェビナーやサンプルコースを提供することで、見込み顧客の関心を引くことができます。これにより、実際のコースへの登録を促進することができます。

また、SEOを活用して教育に関するキーワードで上位表示されることで、学習資料やコース情報を探しているユーザーを効果的に集客できます。コンテンツマーケティングを通じて、教育に関するブログ記事やチュートリアル動画を提供することも非常に有効です。

ヘルスケア業界

ヘルスケア業界では、健康に関する情報を提供し、信頼関係を築くことで顧客を引きつけることができます。

この業界では、健康情報やウェルネスガイドを提供することで、ユーザーの信頼を得ることが重要です。例えば、病気の予防方法や健康的な生活習慣に関する記事を提供することで、ユーザーにとって価値ある情報源となります。

また、SNSを活用して健康に関する情報を広めることで、ユーザーとのエンゲージメントを高めることができます。信頼できる情報を提供することで、ユーザーはその情報源として企業を信頼し、長期的な関係を築くことができます。

小売業界

小売業界では、口コミやレビューが重要な要素となるため、SNSマーケティングやオンライン広告が効果的です。

この業界では、製品レビューやユーザーの口コミが新規顧客に大きな影響を与えます。例えば、既存の顧客がSNSで製品の使用感をシェアすることで、新しい顧客を引き寄せることができます。

また、SNS広告を活用してペルソナとなる顧客に直接アプローチすることができます。InstagramやFacebookでのビジュアル広告やプロモーションキャンペーンは、特に若年層の顧客に対して効果的です。

さらに、オンライン広告を通じて、特定の商品やプロモーションを広く告知することで、販売促進を図ることができます。リターゲティング広告を活用することで、過去にサイトを訪れたユーザーに再度アプローチし、購入を促すことも可能です。

プル型営業は、多くの業界で効果を発揮するマーケティング手法です。価値ある情報を提供し、顧客との信頼関係を築くことで、長期的な成功を目指すことができます。

プル型営業と反響営業の違い

プル型営業と反響営業は似ているようで、実は少し違います。以下で簡単に説明します。

プル型営業

プル型営業は、顧客が自分から興味を持って問い合わせをしてくるように仕向ける方法です。例えば、ブログ記事やSNS投稿で役立つ情報を提供し、顧客が「これ、いいな」と思って連絡してくれるようにします。

特徴

  1. 価値ある情報の提供
    顧客にとって有益なコンテンツを作成します。
  2. 信頼関係の構築
    時間をかけて顧客との信頼を築きます。
  3. 長期的なアプローチ
    結果が出るまでに時間がかかりますが、持続的な関係が築けます。

反響営業

反響営業は、広告や宣伝を見た顧客が問い合わせをしてくるのを待つ方法です。例えば、テレビ広告やネット広告を出して、興味を持った人が連絡してくれるのを期待します。

特徴

  1. 直接的な広告
    テレビ、ラジオ、インターネット広告のようなナショナル広告を利用します。
  2. 短期的な効果
    すぐに反応が得られることが多いです。
  3. 即効性
    短期間で顧客の反応を引き出します。

プル型営業と反響営業の共通点と異なる点

共通点

  1. 顧客の自発的な反応を引き出す点で共通しています。
  2. どちらも、顧客の興味を引くために情報や広告を提供します。

異なる点

  1. アプローチ方法
    プル型営業は役立つ情報を提供するのに対し、反響営業は広告を使います。
  2. 時間軸
    プル型営業は時間がかかりますが、反響営業はすぐに効果が出やすいです。

プル型営業は、長期的な信頼関係を築くのに適しています。一方、反響営業は、すぐに顧客の反応を得たいときに効果的です。両方を上手に組み合わせることで、より効果的な営業活動が可能になります。

プル型営業とプッシュ型営業の違い

プル型営業とプッシュ型営業は、営業アプローチの方法が大きく異なります。以下に簡潔に説明します。

プル型営業

プル型営業は、顧客が自発的に企業や商品に興味を持ち、問い合わせや購入を行うように仕向ける方法です。コンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングなどを活用し、顧客に価値ある情報を提供して興味を引きます。

特徴

  1. 顧客主導
    顧客が自分から情報を探し、企業にアプローチします。
  2. 価値提供
    有益なコンテンツを通じて顧客の関心を引きます。
  3. 長期的
    信頼関係を築き、長期的な関係を目指します。

プッシュ型営業

プッシュ型営業は、企業が積極的に顧客にアプローチして製品やサービスを売り込む方法です。電話営業や訪問販売、メールマーケティングなど、直接的なアプローチが中心です。

特徴

  1. 企業主導
    企業が顧客に対して積極的にアプローチします。
  2. 直接的なアプローチ
    電話や訪問などで直接売り込みます。
  3. 短期的
    すぐに結果を求める傾向があります。

プル型営業とプッシュ型営業の共通点と異なる点

共通点

  • どちらも顧客の関心を引き、売上を上げることが目的です。

違い

  1. アプローチ方法
    プル型は顧客が自発的に来るのを待ち、プッシュ型は企業が積極的にアプローチします。
  2. 時間軸
    プル型は長期的、プッシュ型は短期的な効果を目指します。

プル型営業は、顧客が自分から来るので信頼関係を築きやすいですが、時間がかかります。一方、プッシュ型営業はすぐに結果が出やすいですが、顧客との関係が一時的になりやすいです。

以上が、【『プル型営業とは?』絶対に確認すべき事例とプル型種類】に関する記事でした。プル型営業を促進するためにも、マーケメディアに資料を掲載したリード獲得も検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました