マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4231ファイル
  • 掲載企業数 1180
  • 今週の公開資料数15ファイル

マーケティング TOP > 調査レポート > その他 > 【2018年のSNS利用傾向調査】既存SNSと新興SNSの変化と利用実態とは?

【2018年のSNS利用傾向調査】既存SNSと新興SNSの変化と利用実態とは?

企業名:アライドアーキテクツ株式会社

本資料では、多くの新興SNSの誕生で既存SNSと新興SNSの利用状況がどのように変化しているかを明らかにしました。

Twitter、Facebookが相次いで日本語版サービスを開始してから今年で10年。
日本のSNS利用者は年々増加しており、2019年末には利用者数は7,732万人、ネットユーザー全体に占める利用率は76.7%に拡大するとみられています。(※1)

近年、新たなSNSが誕生し続けておりメディアなどによく取り上げられるFacebookやTwitter、Instagram、LINEなどの他にも、趣味やライフスタイルに特化したSNSが多く発展しています。それに伴い個人の利用も変化してきているのではないでしょうか。

※1 株式会社ICT総研調べ「2017年度 SNS利用動向に関する調査」
https://go.pardot.com/l/124222/report-20171011-html/3yy85p

資料詳細説明

本調査では、新興SNSの誕生により、既存SNSの利用の変化と、新興SNSの利用実態を性別、世代別に公開いたします。
「どのSNSをどのように活用するか」を設計される際に是非ご参考いただきいデータです。

対象業種

メーカー(食品・化粧品) / 通販・EC事業者

対象企業規模

企業規模問わず

この資料は掲載終了いたしました。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

最適なマーケティングパートナー・サービスを探す

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

【2018年のSNS利用傾向調査】既存SNSと新興SNSの変化と利用実態とは?|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。