マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4310ファイル
  • 掲載企業数 1202
  • 今週の公開資料数11ファイル

マーケティング TOP > SEM・SEO > リスティング広告運用 > 【米国緊急レポート】Google広告から見るコロナ危機が影響した21の業種とは?

【米国緊急レポート】Google広告から見るコロナ危機が影響した21の業種とは?

企業名:株式会社プリンシプル

コロナウィルスの危機は中国から2019年末に始まり、あっという間に日本、そして世界の生活と経済に影響を与える世界的な危機へと発展し、2020年4月になった現在も先行き不透明となっています。

そのような状況下、コロナ危機が始まってからの、米国市場でのデジタルマーケティング、特に躍進するネット広告市場ではどのような変化が起きているのでしょうか?

今回はWordstream社という米国でも著名なネット広告代理店が何万もの広告主を対象に調査を行った結果発表した、『コロナ危機が始まってからのポジティブ、ネガティブ両面でインパクトを受けた21の業種』に関するレポートのサマリーをお伝えします。

資料詳細説明

対象業種

通販・EC事業者 / 全業種

対象企業規模

中堅・大企業

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

最適なマーケティングパートナー・サービスを探す

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

【米国緊急レポート】Google広告から見るコロナ危機が影響した21の業種とは?|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。