マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3620ファイル
  • 掲載企業数 1000
  • 今週の公開資料数24ファイル

マーケティング TOP > 見込み客発掘 > オウンドメディア強化 > EC事業者目線で考えるGoogle アナリティクス 4 GA4への移行に向けて今取り組むべきこと

EC事業者目線で考えるGoogle アナリティクス 4 GA4への移行に向けて今取り組むべきこと

企業名:株式会社Sprocket

現行のGoogle アナリティクスであるユニバーサルアナリティクス(UA)のサポートが2023年7月1日をもって終了となります。UAからの移行先は、「Google アナリティクス 4(GA4)」です。この資料では、GA4への移行と、まず行うべきことについて解説します。

資料詳細説明

GAは、自由度の高さや高機能さが増した一方で「データ分析の方針を主体的に考えてサイトや組織に合った活用方法を決定する」必要があるツールです。移行は避けられないことですから、今から対策に取り組まなければなりません。まず着手すべきことを把握しておきましょう。

1)ユニバーサルアナリティクス(UA)終了へ
  直前になって慌てないための早めの対応を

2)最短でGA4のタグをサイトに設置する方法
  Googleタグマネージャー(GTM)を使って5分で完了

3)GA4のコンバージョン設定方法
  サンクスページでコンバージョン計測をする流れ

4)従来の直帰率と滞在時間の代わりとなるもの
  これまでの指標の問題点とは?

5)新しい指標「エンゲージメント」とは?
  定義や計算式、分析の考え方

対象業種

全業種

【株式会社Sprocketのその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

EC事業者目線で考えるGoogle アナリティクス 4 GA4への移行に向けて今取り組むべきこと|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。