マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3560ファイル
  • 掲載企業数 1000
  • 今週の公開資料数20ファイル

マーケティング TOP

「カテゴリ別」ダウンロードランキング

今最もダウンロードされている資料が分かる!

年間「PR・ブランディング」ダウンロードランキング

集計期間:2023-06-23~2024-06-22 (年間ランキング)

1

株式会社ディライトソリューションズ

チェックして資料をダウンロード

シニア層に響くChatGPT活用術とは?効果的なマーケティング戦略のポイント

一般的に65歳以上の「高齢者」男女を指すシニア世代。シニア市場は年々拡大しているので、シニア世代をターゲットとする商材を展開している企業さまも多いのではないでしょうか。

そこで本資料では、シニアマーケティングにおけるChatGPT活用法を紹介します!時間と手間がかかりがちな業務をChatGPTに任せることで、効率的にマーケティングを進められるでしょう。記事や広告文の作成など、幅広い用途で活用できます。

シニアマーケティングは、適切な媒体で適切な層にアプローチすることがポイント。そのほか、シニア層の興味・関心を理解し、最適な訴求をすることが大切です。シニア世代へピンポイントにアプローチしたいなら、適切なWeb広告を使用しましょう。

【本資料で解決できる課題】
・シニアマーケティングに時間と手間がかかり過ぎている……
・シニア向け商材を展開しているが、あまり認知されていない
・シニア世代にピンポイントにアプローチできる広告を知りたい

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

2

株式会社講談社

チェックして資料をダウンロード

先進企業の「過去・現在・未来」に学ぶ SDGs企業事例20選

講談社C-stationで連載中の、「SDGs先進企業の取り組み事例インタビュー。
その各記事を、今回ひとつの資料にまとめました。
掲載社は、なんと20社。業界の雄・リーディングカンパニーに学ぶ、未来を描くSDGs必携資料です。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

3

株式会社講談社

チェックして資料をダウンロード

【講談社/事例紹介】マンガIPコラボ 明治 × 逃げるは恥だが役に立つ

「明治チューブでバター1/3」がマンガ『逃げるは恥だが役に立つ』とコラボして課題を解決!

大手食品会社・明治がおくる、やわらかくて使いやすい人気商品「明治チューブでバター1/3」。このロングセラーが、海野つなみさんのマンガ『逃げるは恥だが役に立つ』とコラボを実施し、課題解決を図った事例です。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

4

株式会社ライオンハート

チェックして資料をダウンロード

企業の『ブランディング戦略』と『売上』の関係性とは?

「ブランディング」という言葉を聞いて、皆様は何を思い浮かべますか?なんとなく重要な戦略であるという認識は持っているが、具体的な説明や、なぜ重要なのかという点が曖昧であるという方が多いことが現状です。
また、ブランディングはどのように売上に結び付くのか、あらかじめ理解しておかなければ、戦略を実施した際に効果を出すことが難しくなります。

本資料では、ブランディングに対して曖昧なご認識をお持ちの皆様に向け、ブランディングの定義から、売上にもたらす効果3選、注意点、具体的な実施内容をご説明します。

「なんとなく」の理解を卒業し、ブランディング戦略の基礎を理解することにお役立ていただけます。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

5

株式会社ディライトソリューションズ

チェックして資料をダウンロード

【SEO初心者向け!】ChatGPTで簡単にSEO強化する方法とは?

SEOとは、Webサイトへの流入を増やすために、ユーザーが求める価値あるコンテンツを制作し、検索エンジンで上位表示させる施策のこと。集客コストがあまりかからず、CVにつながる流入が増えやすい、有名なマーケティング手法のひとつです。

しかし、SEO施策を始めてみたは良いものの、なかなか成果が出ずに困っている企業さまは多いのではないでしょうか。SEOは時間と手間がかかるマーケティング手法です。また検索エンジンのアップデートによっては順位変動が起こる可能性があり、必ず成果が出るとは限りません。

そこで本資料では、ChatGPTを活用して効率的にSEO記事を書く方法を徹底解説!時間と手間を大幅に削減して、SEO施策を実施できます。SEO施策を打ち出している企業さまはぜひ参考にしてくださいね。

【本資料で解決できる課題】
・SEOライティングをもっと効率的にしたい
・SEO施策を始めたけど、なかなか成果が出ない……
・自社サイトへの流入を手っ取り早く増やしたい

対象業種

広告代理店 / マーケティング関連企業

対象企業規模

企業規模問わず

6

エムスリー株式会社

チェックして資料をダウンロード

【マーケター意識調査レポート】高まる健康意識を受けたマーケティング戦略とは?

「消費者の健康意識の高まりとマーケティング」に関するマーケターの意識調査の結果と、消費者の健康意識に関するデータを合わせてご紹介します!

対象業種

メーカー(食品・化粧品) / 健康食品・医薬品業界

対象企業規模

中堅・大企業

7

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

チェックして資料をダウンロード

【CTR5.4倍 CV0件→12件】ユーザーを動かすキャラクター広告とは

本資料はマーケメディア実際に利用して
【CTR5.4倍 CV0件→12件】になったキャラクター広告の紹介です。

新規、既存問わず、商品やサービスを認知してもらうために
企業は様々な戦略を練り、少しでもターゲットの目に届くように
働きかけます。しかし、そういった「認知獲得施策」を実行するうえ
で下記のような課題や悩みが発生するでしょう。

・広告などやりすぎた訴求をすると怪しまれてしまう
・競合他社との差別化が上手くいっていない
・会社自体の知名度が足りない

キャラクター広告はこれらの問題を解決します。

マーケメディアの事例以外にも
・PR TIMESでの活用事例
・BtoBのIT企業での活用事例
・インスタでの活用化事例
などなどご紹介しています。

ぜひご覧ください

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

8

スカリー株式会社

チェックして資料をダウンロード

【認知拡大】押さえるべき3つの土台と効果UPのアイデア

どんなに商品やサービスが優れていても、ターゲットや世間に認知されていなければ意味がありません。つまり、認知拡大を図る施策はビジネスの成功において必要不可欠ということです。

そんな認知拡大のプロモーションで基本となるのが「誰に・何を・どのように」訴求するかという考え方です。

本資料では、認知拡大施策の土台となる考え方の気を付けたいポイントと、より効果的かつ印象的に訴求するためのアイデアをご紹介しております。
フローチャートで自社にある施策をシミュレーションすることも可能です。
是非、ご一読ください。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

9

株式会社ライオンハート

チェックして資料をダウンロード

【採用活動の新常識】『採用ブランディング』の戦略と重視すべきこととは?

近年、企業は「採用難」という深刻な課題に直面しており、未曽有の人手不足時代が襲来しているともいえます。
これまでは企業は求職者を選んでいる立場でしたが、今では企業が「選ばれる」立場となりました。
こんな状況下で人材を確保するためには、他社との差別化を図る必要があります。

とはいえ、下記のようにお思いになった方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
◼求人メディアや自社サイト運営など一通りすでにやっているけど効果はいまひとつ
◼どこから手を付けていいのかわからない、コストをかけるのが怖い
◼「差別化」といえるほどの自社の特徴が思い浮かばない

このような企業様は本当の意味で採用ができていない可能性があります。
本資料では、現代の採用の課題を解決するのに有効な「採用ブランディング」を軸に今本当に必要な“戦略”とその考え方、成果を上げる方法について解説いたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

10

ジェイフロンティア株式会社

チェックして資料をダウンロード

【新規獲得を目指す単品通販事業主様へ】認知獲得手法3選と今注目のアイデア

EC業界における新規顧客の獲得と認知拡大は、売上向上と競合優位性の鍵となります。
新規顧客の増加は直接売上に結びつき、事業の拡大に寄与します。
また、競合が激しい中で差別化を図り、ブランド認知を広げることが重要です。
新規顧客の獲得と認知拡大を同時に進めることで、競争環境での優位性を確保し、売上の向上を実現できるでしょう。

本資料では、新規顧客の獲得のための認知拡大に有効な施策3つをご紹介いたします。
また、最後には今注目のアイデアをご紹介しております。
是非お役立てください!

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

マーケティングFacebook