マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4316ファイル
  • 掲載企業数 1203
  • 今週の公開資料数24ファイル

マーケティング TOP > ニーズ・満足度調査 > マーケティングリサーチ > シニアのギャップ-コミュニケーションにおける加齢現象とその対策

シニアのギャップ-コミュニケーションにおける加齢現象とその対策

企業名:株式会社日本SPセンター

歳を重ねると、加齢の影響でできないことが増えてくる。この「したい」けれども「できない」ことを当研究室では「ギャップ」という言葉で表現している。このホワイトペーパーはギャップがマーケティングコミュニケーションへ与える影響とその対策をまとめている。

資料詳細説明

シニアとのコミュニケーションにおいて配慮すべき主なギャップは以下の4つである。

1)眼、見え方のギャップ
加齢による影響が一番大きいのが眼の変化である。ヒトは外部からの情報の8割
以上を視覚から得ている。

2)耳、聞こえ方のギャップ
人は歳をとると徐々に聴力が低下してゆく。60代くらいになると、聞こえが悪くなったと自覚する人が増える。

3)脳、理解力のギャップ
加齢による脳の変化がシニアマーケティングにおける高齢者の行動に大きな影響を与える。

4)気持ち、感情のギャップ
マーケターはシニアの加齢によるさまざまな喪失感や気持ちの変化を理解しておく必要がある。

シニアの抱えるギャップを理解し、その対策を施すことで、シニアに対して「見える、読める、聞こえる、わかる、そして響く」コミュニケーションが可能になる。「この色使いで見えるか」「この文字の大きさで読めるか」「この文章やビジュアルでわかるか」「この表現で心に響くか」を確認することがシニアへのアプローチの第一歩である。

【シニアマーケティングのワークショップ開催!】
詳細はこちら:https://bit.ly/36mVe5M

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

最適なマーケティングパートナー・サービスを探す

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

シニアのギャップ-コミュニケーションにおける加齢現象とその対策|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。