インタラクティブ動画とは?メリットや活用事例、作成方法を解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

インタラクティブ動画とは?SNSマーケティング
SNSマーケティング

「インタラクティブ動画とは?」「インタラクティブ動画はどんなふうに活用できるの?」と、最近広まりつつあるインタラクティブ動画に興味をお持ちの方も多いでしょう。そこで今回は、インタラクティブ動画とは何かという話から、インタラクティブ動画のメリットや活用事例、インタラクティブ動画の作成方法、作成におすすめのツールなどをご紹介します。インタラクティブ動画の導入の参考に、確認してみてください。

この記事では、以下のような内容を解説します。

  1. インタラクティブ動画とは
  2. インタラクティブ動画のメリットとデメリット
  3. インタラクティブ動画の活用事例
  4. インタラクティブ動画の作成方法
  5. インタラクティブ動画の作成に使えるツール
  6. インタラクティブ動画で成功するためのポイント
  7. インタラクティブ動画でビジネスチャンスをつかむ
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

インタラクティブ動画とは

インタラクティブ動画とは、動画内にボタンなどを表示し、視聴者が知りたい情報を選んで動画を視聴することが可能な視聴者体験型の動画です。

まずは、インタラクティブ動画の特徴や仕組みについてお話します。まず、インタラクティブ動画とは、従来の動画が一方向的な視聴体験な一方で、視聴者が積極的に参加し、コンテンツに対話的に関与できる新しい形態の映像コンテンツです。視聴者がただ受け身で視聴するのではないという点が、これまでの動画と大きく異なります。それでは、インタラクティブ動画の特徴と仕組みについて、それぞれ詳しく解説します。

実際に簡易的なインタラクティブ動画を作ってみました。今回は、ボタンを押下すると、指定の時間から動画が再生される仕組みのインタラクティブ動画です。

インタラクティブ動画の特徴とは

インタラクティブ動画とは視聴者に積極的な参加を促し、従来の視聴体験とは異なる魅力を持っています。ユーザーはインタラクティブ動画内でクリックやタップなどのアクションを通じて、自らストーリーを進めたりコンテンツを操作したりできます。インタラクティブ動画内は、視聴者の選択やアクションに応じて異なるシーンや情報が表示されるのです。

この双方向性により、インタラクティブ動画の視聴者がコンテンツにより深く没入し、自身の興味や関心に即した情報を獲得することが可能となります。インタラクティブ動画の制作者は視聴者の参加度合いを高め、より豊かな体験を提供することができます。また、ブランドやメッセージの効果的な伝達を図ることが可能なのです。

インタラクティブ動画の仕組みとは

インタラクティブ動画の仕組みは、視聴者が動画内で特定のアクション(画面をタップするなど)を起こすと、事前に用意された複数のシナリオや情報が組み合わさり、異なる展開が可能な仕掛けとなっています。例えば、商品紹介のインタラクティブ動画では顧客が「詳細を見る」をクリックすると、商品の仕様やレビューが表示され、逆に「関連商品を見る」を選択すると別の商品に関する情報が提示される仕組みです。視聴者の興味に合わせて展開されることで、より購入につながりやすいとも言えます。

このように、インタラクティブ動画の視聴者の選択やアクションが動画の進行を左右し、個別の興味やニーズに合わせてカスタマイズされたコンテンツを提供することが可能となります。

インタラクティブ動画はマーケティングや広告の分野で特に注目されており、企業はその効果的なメリットを活かしてユーザーエンゲージメントを向上させ、コンバージョンを促進する手法として採用しています。

インタラクティブ動画のメリットとデメリット

インタラクティブ動画のメリットとデメリット

近年、インタラクティブ動画は企業やクリエイターによって広く採用され、新たな視聴体験を提供しています。

一方で、インタラクティブ動画の効果的な利用には、メリットとデメリットの理解が不可欠です。以下で、インタラクティブ動画のメリットとデメリットについて解説します。

インタラクティブ動画のメリット

インタラクティブ動画のメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 高いユーザーエンゲージメント
  • 個別化された体験
  • 効果的な広告とマーケティング

インタラクティブ動画のメリットをそれぞれ説明します。

高いユーザーエンゲージメント
インタラクティブ動画の視聴者はアクションを通じてコンテンツに参加し、興味を持った領域にフォーカスできます。
インタラクティブ動画内のクリックやタップによるアクションは記憶に残り、コンテンツの効果的な伝達を促進します。

個別化された体験
インタラクティブ動画の視聴者の選択に応じてコンテンツが変化し、個別のニーズに合わせた情報提供が可能です。
ユーザーが自身のペースで情報を吸収できるため、より効果的な学習が期待できます。

効果的な広告とマーケティング
インタラクティブ動画の視聴者の興味や行動に基づいてターゲット広告を表示でき、コンバージョン率の向上が期待できます。
ユーザーとの双方向コミュニケーションを通じて、ブランドとの関係性を深めやすいです。

インタラクティブ動画のデメリット

インタラクティブ動画のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 高度な制作スキルとコスト
  • 混乱の可能性
  • デバイス・ブラウザの制約

インタラクティブ動画のデメリットをそれぞれ説明します。

高度な制作スキルとコスト
インタラクティブ動画の制作には高度な技術やスキルが必要であり、通常の動画制作とは異なりコストがかさむ可能性があります。制作チームには専門的な知識や経験が求められます。例えば、専門の制作会社に依頼をした場合、相談次第ではありますが、料金は数百万円になることもあります。

混乱の可能性
インタラクティブ動画内で複雑なインタラクティブ要素が過多になると、視聴者が混乱しやすくなります。
デザインや操作性に注意を払い、使いやすさを重視する必要があります。

デバイス・ブラウザの制約
インタラクティブ動画は、一部のデバイスやブラウザで正しく機能しない可能性があるため、普及率の高いプラットフォームを考慮する必要があります。
利用者の利便性を損なわないように慎重に開発・設計する必要があります。

インタラクティブ動画の活用事例

インタラクティブ動画の活用事例

インタラクティブ動画は、さまざまな業界で新しい可能性を広げ、ユーザーエンゲージメントの向上に役立っています。

この章では、実際の事例を通じて、企業や組織がインタラクティブ動画をどのような目的や用途で運用しているかをお話します。今回は、よりイメージがわきやすいようインタラクティブ動画の活用方法を、業界と用途に分けてご紹介しています。参考にしてみてください。

業界別の活用例

業界別で、インタラクティブ動画を活用している事例をご紹介します。

教育業界

学習アプリやオンライン講座では、インタラクティブ動画の視聴者が進捗に合わせてクイズや追加情報へのリンクにアクセスできる動画が採用されています。生徒は自分のペースで学び、深化させることができます。研修やセミナーなどでもよく活用されています。

商品販売

Eコマースサイトでは、商品の詳細や機能を紹介するだけでなく、インタラクティブ動画の視聴者が動画内で商品を回転させたり、カラーバリエーションを選択することで、商品に対するリアルな体験が可能です。

観光業

観光地やホテルのウェブサイトでは、仮想ツアーを通じてインタラクティブ動画の視聴者が興味を持った場所をクリックすると、詳細な情報が表示される仕組みが組み込まれた動画が活用されています。

用途別の事例

用途別にインタラクティブ動画を活用している事例をご紹介します。

製品デモンストレーション

高度な製品の使用方法や特長を伝えるために、視聴者が仮想的に製品を触ることができるインタラクティブ動画が制作されています。ボタンや機能の説明がインタラクティブに組み込まれ、ユーザーの理解が向上します。

採用活動

企業の採用ページでは、社員インタビューやオフィスツアーが組み込まれた動画がインタラクティブ動画の視聴者との双方向のコミュニケーションを生み出します。視聴者が部門や仕事に関する情報を選択でき、自分に合った職場環境を理解しやすくなります。

ブランドストーリー

ブランドの核となるストーリーを伝えるために、インタラクティブ動画の視聴者がストーリーの展開に影響を与えることができる動画が制作されています。視聴者の参加を通じて、ブランドに対する感情移入が生まれやすくなります。

インタラクティブ動画の作成方法

インタラクティブ動画の作成方法

インタラクティブ動画を制作する際、正しい手順とツールの選定が不可欠です。今回は、効果的なインタラクティブ動画の作り方に焦点を当て、手順やツールの紹介を通じて、どのようにしてクオリティの高いコンテンツを生み出すかをご紹介します。インタラクティブ動画の制作は以下の手順に基づきます。

シナリオの構築
インタラクティブな要素や分岐シナリオを含むストーリーボードを作成し、視聴者との対話的な体験を計画します。

動画撮影・制作
撮影やアニメーション制作を通じて、基本的な映像コンテンツを用意します。クリックやタップに応じて切り替わるシーンを考慮します。

インタラクティブ要素の組み込み
クリック可能なエリアやアクションを設定し、視聴者が動画内で操作できるようにします。各要素には対応するアクションを紐づけます。

プラットフォーム適用
制作した動画が適切に動作するよう、対象となるプラットフォームやデバイスに合わせて最適化を行います。

テストと改善
完成した動画をテストし、視聴者のフィードバックを収集します。必要に応じて修正や改善を行い、最終的なバージョンを作成します。
これらの手順に従い、インタラクティブ動画を制作することで、視聴者とのより深い関与を促進し、目的に応じた効果的なコンテンツを提供できます。

インタラクティブ動画の作成に使えるツール

インタラクティブ動画の作成に使えるツール

近年、インタラクティブ動画の作成は、クオリティの向上と利用の拡大により注目を集めています。

このような動画を制作するためには、使いやすく効果的なツールの活用が欠かせません。

以下は、インタラクティブ動画の作成に使えるツールです。ツールはここでご紹介しているもの以外にも複数あるので、自社のインタラクティブ動画の制作に合ったものを選んでみてください。

H5P
インタラクティブな要素を簡単に組み込める無料の制作ツールです。HTML5のコンテンツの作成などが、ブラウザで編集できます。パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも閲覧可能です。
詳しくはこちら

Eko Studio
電話番号やポップアップなどのタグ付け機能のほか、視聴者のアクションを分析することもできます。また、facebookなどのSNSのシェア機能もあります。
詳しくはこちら

YouTube Studio
終了画面で視聴者のアクションを促す画面は、自動できるのが特徴です。リンクや顧客情報を入力するフォームなどの追加機能もあります。
詳しくはこちら

これらのツールは、異なるニーズやスキルレベルに対応しており、インタラクティブな要素を効果的に組み込んだ動画を制作するのに役立ちます。選択する際には、制作のしやすさや提供される機能に注目して最適なツールを選ぶと良いでしょう。

インタラクティブ動画で成功するためのポイント

インタラクティブ動画で成功するためのポイント

インタラクティブ動画の成功には、慎重な計画と実行が欠かせません。この章では、視聴者との双方向コミュニケーションを強化し、コンテンツの深い理解と親密な関係構築に導くポイントを詳しく探っていきます。

成功の鍵となる戦略や戦術に焦点を当て、インタラクティブ動画の力を最大限に引き出す方法をご紹介します。

ユーザーエクスペリエンスを重視
インタラクティブ動画の視聴者が自分のペースで情報を取得できるよう、シームレスで直感的な操作性を確保します。使いやすさがエンゲージメント向上につながります。

コンテキストに即した要素の選定
インタラクティブな要素は、コンテンツと一体化していることが重要です。インタラクティブ動画の視聴者にとって自然な形で情報を提供するよう工夫します。

クリアで誘導的なデザイン
クリックやタップすべきポイントを分かりやすく示し、インタラクティブ動画の視聴者がどのようなアクションを起こすべきかが明確に伝わるデザインが必要です。

分岐や選択の意味を強調
インタラクティブ動画の視聴者が選択肢を持つ場合、それがストーリーや体験に与える影響を明示します。選択による変化が期待通りに反映されることが重要です。

デバイスとプラットフォームの最適化
インタラクティブ動画は異なるデバイスとプラットフォームで動作することが求められます。各環境に合わせた最適化を行うことは、利用者の使いやすさのために重要です。

データの収集と分析
インタラクティブ動画の視聴者のアクションや動画内での選択をデータとして収集し、分析することで、コンテンツの改善や将来の動画制作の方針に活かします。データ駆動のアプローチが成功の鍵となります。

これらのポイントを考慮することは、インタラクティブ動画の視聴者との双方向コミュニケーションを促進し、インタラクティブ動画がより効果的に成果を上げることにつながります。

インタラクティブ動画でビジネスチャンスをつかむ

インタラクティブ動画でビジネスチャンスをつかむ

インタラクティブ動画は視聴者との対話的な体験を提供し、ユーザーエンゲージメントを向上させる強力なツールです。メリットとデメリットを理解し、業界や用途に合わせた活用事例を把握することが重要です。ツールの選定や作成方法、成功のポイントに注意を払うことで、魅力的で効果的なコンテンツを制作できます。データ分析を通じた改善と柔軟なデザインが成功の鍵。インタラクティブ動画の活用で新たなビジネスチャンスをつかみ、視聴者との深い関係構築に挑戦しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました